30代の転職体験談@:土日が休める勤務形態の仕事に30代で転職した経験

MENU

30代の転職体験談@:土日が休める勤務形態の仕事に30代で転職した経験

私は、.全国にチェーン展開するレンタルビデオ店に勤務していました。33歳で転職で転職しました。

 

なぜ転職したいと思ったのか?

結婚して子供が生まれ、同じ30代の妻もサービス業の正社員で、どちらかが勤務形態を変えなければ子供を育ててゆくことが出来ないので、土日が休みの仕事への転職を決意しました。

 

妻の会社は大手で給料もよく、何よりも職場も近くて通いやすく、産休も育児休業もしっかりとれてとても働きやすい職場であり、彼女のキャリアのためにも続けて欲しいと思っていたので、私のほうが転職することにしたものです。

 

本当は妻が復職したら私が育児休業をもらおうと思っていたのですが、前の会社ではこれまで男性がとった人はいないといわれ、実際は男の私が育児休業を取れる雰囲気は全くありませんでした。

 

それぞれの親にも早々甘えることも出来ず、何とか二人で協力して子育てを乗り切るためには30代の今転職することは避けられなかったというのが現実です。

 

どんな業界・業種に転職したのか?

転職先は文房具メーカーの営業職です。営業自体はこれまで経験が無いのですが、前職で自分が営業を受ける立場だったので、その経験が役に立ったと思います。これまでのようにお客様相手の仕事ではなく、相手が企業様なので勝手が少し違いますが、自分には向いている職だと思っています。

 

 

年収や労働条件などはどのように変わったのか?

年収は以前の会社よりもやや下がったけれど、土日祝日は確実に休むことができるようになり、平日休みのときは妻が、土曜日は交代で、日曜祝日は私が子供を見ることができるようになりました。

 

福利厚生もきちんとしていて今のところ働きやすくて満足感のある転職が出来てよかったと思っています。私と同じように30代で転職を成功させた同僚もおり、何かと相談に乗ってもらったりしています。

 

転職活動ではどのような行動をしたのか?

インターネットの求人検索と、日曜日に新聞折込で毎週入ってくる求人案内、転職相談会へも出向いてみました。働きながらだったので最初は時間的な制約はありました。

 

前職は自己都合での退職なので失業給付の給付制限期間がありましたが、給付制限中もハローワークで積極的に職を探し、退職後比較的早く決まってよかったと思っています。

 

子供の保育園が決まって今後妻と分担して子育てをするためにはどちらかが勤務形態を変えなければならなかったので、その点では希望通りの職場に転職することができました。

 

転職活動期間はどれくらいか?

前職の退職1ヶ月前から少しずつ活動を始め、実際に退職してから5ヶ月目で今の仕事に付くことができました。

 

希望通り土日はほぼ確実に休めるのですが、出張はかなり多く、これまでの多くのパート社員を束ねていた仕事とは勝手が違って、最初はなれない毎日でひどく疲労がたまってしまいましたが、今ではだいぶ慣れてやりがいも感じられるようになりました。

 

30代で転職する人は多いと聞きます。でも私のように子育てを理由に転職する男性はそれ程多くないのかもしれません。でも、共働きである以上子育ては夫婦二人で協力しなければ乗り切れないので、思い切って転職してよかったと今は思っています。

 

残業になることはありますが、以前の職場のように夜中まで仕事ということは無くなり、子供のお迎えも妻と交代で行かれるようになって30代で父親になったタイミングで今の仕事に出会えて本当によかったと思っています。