30代転職では資格取得が武器になる?それは間違い!

MENU

30代転職では資格取得が武器になる?それは間違い!

資格があれば30代転職が有利になるのでしょうか?転職する際によく言われるのが、資格を取得しているほうが転職するのに有利になるということです。

 

確かに転職する際には転職を希望する企業の仕事で役立つであろう資格を持っているほうが、企業に対してのアピール力はアップすることになります。

 

実際に企業の中には資格を取得している人材を優遇して採用するということも少なくありませんので、資格は持っていないより持っているほうが有利であることは揺ぎ無い事実であると言えます。

 

では30代で転職を考える場合にまだ資格を持っていない場合、資格取得に時間を割いて取得してから転職をするほうが有利なのかといえば決してそんなことは無く、30代の場合はむしろ今の仕事で成果を上げることに注力することが転職する場合には重要なこととなります。

 

資格より成果を重視する意味とは?

30代で転職を考える場合、資格よりも仕事での成果を重視するほうが転職が成功しやすいと言えます。これには理由があり、30代と言う年代は転職適齢期に当たる最も企業側が欲しがる年代だと言えます。

 

30代の場合社会人としてのマナーなども一通り見に付いていますし仕事に関しても20代に比べて要領よく仕事を進めることに長けていると言えます。ほとんどの30代の場合は社会人として約8〜10年程度の経験を積んでいますので、その経験も転職する際の大きな武器となります。

 

企業側が欲しているのは採用した際に即戦力として会社の力になれる人材ですので、今の仕事での成果は自分の力をアピールすることが出来る重要なアピールポイントとなります。

 

もし今の仕事で何の成果も挙げていない場合にはそれは転職を希望する企業に対して何のアピールにもなりませんので、即戦力を期待している企業は採用を見送ることも考えられます。

 

実績は信憑性が高い事実だから良い

企業側が求めているのは採用後すぐに能力を発揮してくれることですので、前職での実績は何物にも変えがたい大きな武器となります。何より前職での実績は実際に仕事上で行なわれたものですし間違えようの無い事実として転職先の企業に対しアピールすることが出来ます。

 

事実に勝るものはありませんので前職での仕事に注力し実績を挙げておくことが転職時の成功に繋がることになります。

 

もし実績を挙げずに資格を取得することに注力していた場合、資格自体は確かにアピールポイントとなりますが、資格を持っている=仕事が出来るということには繋がりませんし、取りえず転職で有利になるからと取得した資格はあくまでも付け焼刃に過ぎないため大したアピールにはならないと考える必要があります。

 

そのためステップアップを狙って転職を考えている場合など、転職を成功させたいのであれば今の仕事を手を抜くことなく頑張って、自分自身の経験値を上げ実績を残せるように努力することのほうが重要になって来るでしょう。資格に踊らされ無いようにすることが転職成功に繋がるでしょう。