30代で転職?40代・50代では出遅れ?人生の転機を掴む方法

MENU

30代で転職?40代・50代では出遅れ?人生の転機を掴む方法

タイミングはとても重要で、成功させるために必要な時期を逃してしまうと、失敗する可能性が高くなります。人生を成功させたいと思っているなら、30代転職をすることを決断しなければなりません。

 

これよりも遅くなってしまうことは、手遅れになってしまう可能性が高まってしまい、自分が思っていたような仕事をすることができなくなってしまいます。

 

40代や50代は出遅れている

もっと後から考えたほうが、キャリア的に有利になるかもしれないと考えている方は多いかもしれません。しかし、キャリアを積み上げても、年齢という部分だけで採用をためらわれてしまうことが結構あります。

 

40代や50代になると、仕事ができる期間が短いと思われてしまうこともあり、すごく信頼できる人じゃないと判断されないかぎり、採用は厳しくなってしまいます。転職できる企業が減ってしまうことによって、仕事が難しくなってしまうこともあるのです。

 

年齢が高くならず、そしてある程度の仕事をしていると判断されて、タイミング的にも30代は狙いやすいところもあります。これ以上の年齢になることは、余程の地位を持っていたり、経験が豊富であることを示さないことには、企業としても戦力にならないと思われてしまいます。

 

これから経験を積み上げることができて、しかも長年戦力になると思われている年齢こそが、30代になります。

 

狙える企業も多くなっている

転職するタイミングによっては、狙える企業が多くなります。人生を決めることでもありますから、なるべくなら選択肢は多いほうが良いですし、自分がいいと思える企業を多くすることはとても大事なことです。

 

たくさんの企業から選べて、最終的に狙っているところに行ける年齢が、大体30代になります。20代はチャンス事ありますが、経験不足と捉えられますから、実は30代になってから転職を考えることが非常に良いことなのです。

 

出遅れてしまうと、それだけキャリア形成に時間がかかってしまったり、会社に慣れている間に定年を迎えてしまうことだってあります。そうした社員を採用したくないのが、企業側の思い出もあり、せめて20年位は戦力として考えられないかと考えているのです。

 

そのためにある程度の年齢制限も設けられており、選択肢を広げるためには、早め早めの行動も大事になっているのです。

 

転機を確実に掴んで更なるキャリアアップへ

多くの仕事から選べるとしても、転機を迎えているタイミングで失敗することは避けなければなりません。どのような仕事をしているのか、自分の今までを振り返って、ここで仕事をすれば更なるキャリアを狙えると思っているか、これをしっかり判断して選ぶようにしてください。

 

転職をするタイミングと、今まで仕事をしている状況などを踏まえて、自分ができる最大限の仕事を考えていくことになります。本当にいい企業へ進みたいと思っているなら、行っている仕事などを踏まえて、今までの自分のキャリアも考えることになります。