30代転職が生存率を高める?20代にポジションを奪われる危険性

MENU

30代転職が生存率を高める?20代にポジションを奪われる危険性

転職の年齢はいくつかベストなのでしょう。それはむつかしい質問でもあるし、簡単な質問でもあります。業種の内容は関係なしに、同じ業務をするならば若くて、バイタリティがある方が良いといわれています。

 

若さで突っ走ることで所属する会社に理益をもたらす活動が出きるならば、若い人が重宝されます。特に、個人プレイで営業活動をするところではその傾向が大きいです。そういう環境の場合、その人の付加価値を生み出せない30代は、みるみる若い20代に仕事を奪われていく危険性が出てきます。

 

人によっては、顧客の気持ちをつかんで営業力を発揮するタイプの人もいれば、そういう人たちをまとめて、あるいは個々に競わせて全体として成果を伸ばしていくのが得意な人もいます。

 

あるいは、年齢に応じた経験が即、今の業務に生きてくる職種というものも世の中にはたくさんあります。例えば、建築、土木工事の現場では若いのだけが取り柄といわれる経験値の少ない20代監督では、あまり役に立たなくて10年の経験を積んだ30代監督が重宝されます。

 

建物管理の世界でも、複数の現場経験の豊富な30代以上のビル管理マンの募集が良く出ています。逆に経験による判断が重要視されない現場では、若い20代の人たちが30代の人たちを仕事を進めていく上で凌駕してしまうことがあります。

 

若さだけで成果を競い合う職場にいる場合

そういう場合を考慮して、若さだけで成果を競い合う職場にいる場合、転職に対する考え方に融通を持たすべきでしょう。昔から日本においては、「石の上にも3年」という言葉があるように、辛いことがあっても、同じ職場でじっと耐えるのが美徳とされていました。

 

ところが、最近は違います。きっちりと、自分の将来の青写真を映し出してみて、明るい未来が出てこない場合には、決断してもよいという空気が流れるようになりました。そんな場合、強い目的意識をもたず、ともかく新卒で入った会社には、さっさと見切りをつけることはある意味、プラス志向であると言われています。

 

経験値とか立ち止まって考えてみることがあまり必要でない業務の会社では、30代になっても20代の時と同じ扱いになるでしょう。その場合、自分の能力の棚卸を済ませてから思い切って外部に自分の生かせる場所を探すべきでしょう。

 

30代の転職にはいろんな意味がある!

30代の転職にはいろんな意味があります。20代の時に在籍した会社において、これといった成果が出せなかったとか、同僚とのコミュニケーションが構築できず、職場で浮いた状態になったからとかが挙げられます。

 

ただ、これらのようなネガティブな理由、逃避型の理由ではなくて前職の経験が生かせる職場で思い切り働きたかったというポジィテイブな理由で決断、実行する転職という形があります。

 

20代が重宝されやすいシンプルな業務についている場合、経験値の高さを求められる業種への転職のタイミングとしては、30代前半が一番であると言われています。アンテナを高く立てて30代の素晴らしさを生かせる仕事に注意を払っておきましょう。