30代転職のための強みの磨き方、弱みの克服法

MENU

30代転職のための強みの磨き方、弱みの克服法

社会人も30代になってくると、人間的・社会的な部分を求められることも多くなります。20代から30代になる辺りでは、その年相応のスキルを手に入れながら成長していく必要があるのです。

 

中途採用者を判断する際に、業種によっては専門性が最重要とされるところもあります。しかし当然そういったところばかりではなく、多くは専門性と仕事力そして人間力が求められるのです。

 

ではその「人間力」とは一体何なのでしょうか?

 

ビジネスマンとして重要視されるスキルとは

私たちは社会の中で生きてきて、本当にたくさんの人と関わっています。会社の業績を上げるために社員は頑張って働きますが、やはりそれぞれの協力が必要なんですよね。

 

30代で転職をすれば、やはり自分よりも若い社員はそれなりに居るでしょう。それなりに生きてきて、社会常識というものも当然身に着けてきていること前提で採用されるはずです。

 

ビジネスマナーとは、社会で生きていくうえでとても大切なものです。社会の常識に則りながら、マナーを守るビジネスマンとして重要視されるスキルでもあります。専門的な知識が豊富で、プロフェッショナルスキルが充実している人でもビジネスマナーが全くなっていなければ信頼はされませんしそもそも転職で採用されません。

 

人間力とは

人間力とは、もっと根本的な部分つまり実は基本的な部分なのです。例えば20代の人材を採用しようという時に、決め手となるのはやはり専門的や資格を持っている、つまり優秀な素質を持っている人が好まれますよね。

 

社会常識や大人としての振る舞いは、新しく会社で成長していければ良いのです。しかし30歳も過ぎてくると状況は変わってきますね。20代の転職者ならまだしも、30代になると「経験」も重視されてきます。

 

一言で「経験」と言いましたが、これにはどのような意味が込められているでしょう。まず専門的な技術です、その業界で働いてきて身に着けてきた技術は当然必要とされるでしょう。

 

次に会社で働く上での「コミュニケーション力」です、コミュニケーションと言っても人付き合いが苦手だとかの性格の問題ではありません。あくまでも社会・会社で過ごす上での最低限の関わり合いです。

 

信頼感を保ちながら、業務を的確に進めていく繋がりが重要

信頼感を保ちながら、業務を的確に進めていく繋がりが重要なのです。基本的なことでありながら、ここが崩れると上手くいかないので気を付けなければならないのです。

 

それなりに経験を積んでいる転職者には、それなりのスキルはあるものとして採用されるわけです。そこが怪しければ、ただの欠点・マイナスにしか見られないのです。自分の持っているスキルをアピールすることは非常に大切ですが、社会人として重要な部分は間違いなくクリアしておく必要がありますね。

 

社会人にはステージというものがあり、20代は経験や専門知識を積む段階で30代はその経験を活かす段階ですね。20代の時には覚えることがたくさんあったでしょう、人格やビジネスマナーを学ぶ時期でもあったのです。

 

転職を目指している人は、これら「基本的な部分」と「伸ばすべき部分」を注視してこの転機を成功させて頂きたいと思います。