30代転職ではNGな転職理由と伝えるべき転職理由

MENU

30代転職ではNGな転職理由と伝えるべき転職理由

転職をすることは、当然面接の舞台が用意されることとなり、そこで話をすることになります。どのような仕事をしたいと思っているのかや、人としての情報を得るために行うこととなっていますが、実はここでNGとされていることがあります。

 

30代が職を変えることになる場合でも、話してはいけないこと、どうしてもほしい情報がいくつかあります。一番大事なことは、なぜ志望したのかの理由です。

 

会社を辞めた理由は伝えないこと

会社を退職した、もしくは退職予定であることは当然のことかもしれませんが、辞めた理由を話すことはNGとなっています。企業側は、なぜ会社を辞めたのかを知りたいとは思っていませんし、前の会社との状況なんて聞いたとしても、採用する理由にならないからです。

 

話をするときに、前の会社でどのようなことがあったとか、話す必要のないことは言わないようにしてください。

 

会社としても、必要な情報を聞きたいと思っているからこそ、面接を行うようにしているのです。必要な情報を聞きたいと思っているのに、話をしていることは全く不要なことで、転職に関わることが全くわからないことは企業にもマイナス材料として捉えられてしまいます。

 

前の会社については、どのようなことがあったとしても、退職した理由を告げることは絶対に避けるようにしてください。

 

ここで仕事をしたいと思ったことを伝える!

とにかく大事なことは、転職したいと思った理由です。この会社を選んだ理由、つまり志望動機をしっかり伝えることが大事になります。30代という年齢は、仕事を変えるときには理由がしっかりと存在して、何をしたいかを伝えることによって、会社としても戦力として考えてくれるかが決まります。

 

年齢が20代ではなく、ある程度のキャリアを持っている30代だからこそ、しっかりした理由が当然備わっていると思われているのです。

 

転職するためには、それなりの理由を持っていること、そして会社が納得してくれる動機が必要になってきます。何も考えずに選んでいることは当然無いわけですので、確実にその企業へ進めるように、理由を考えて話すことになります。

 

このような理由で志望したとわかってもらえば、会社を気に入って応募してきたと思ってくれますから、採用される可能性を高めることになります。

 

30代らしい理由を話そう!

1つだけ注意をしなければならないのが、年齢に合わせて転職したいと思った理由を話すことです。この企業へ進みたいと思ったことが、20代を想定させるような理由では駄目です。やはり30代というのは、選ぶ理由がどこかに存在しており、キャリアなどから行きたいと思ったことを告げたほうが良いです。

 

給料が良いとか、会社の雰囲気が良さそうとか、あまりにもわかってもらえない理由は避けるようにして、今まで仕事をしてきた状況などから、仕事をしたいと思った理由を中心に話すようにして、相手企業に採用させたいと思わせるような動機を知ってもらえるように心がけてください。