30代転職で未経験業界・業種を目指すなら欠かせない事

MENU

30代転職で未経験業界・業種を目指すなら欠かせない事

30代となると、仕事でもそれなりの年数を経てきていることになります。転職するという段階では、以前の仕事で身に付けたスキルを生かしてもらう事を期待して採用されることになります。

 

20代であれば、これから教育をして長く会社に貢献してもらうという考えで採用されることもありますが、30代では即戦力となることを求められるのです。そのため、同じ仕事であれば重宝されやすいですが、未経験の仕事への転職となるとハードルが上がってしまうという特徴があるのです。

 

多くのライバルの中で採用されるためには

多くのライバルの中で採用されるためには、いかに自分が会社に貢献できる人材であるかという事をアピールすることが必要になります。しかし未経験ではどのように貢献できるか、自分自身でもイメージを描ききれないことも多いでしょう。そのような状態では選ばれることはありません。自らアピールしていく積極性が必要です。

 

未経験であれば、示すことが出来るのはやる気しかありません。だからこそ、そのやる気をきちんとアピールしていかなくてはならないのです。しかし、自分のやる気を客観的な形で伝えるのは難しいものです。

 

若さだけで乗り切れない30代ならなおさらです。そのようなときに、転職先の仕事につながることを学んでいくことが大きな力となってくれます。まずはその分野についての基本的なことを学んでみましょう。

 

入門書などを一読しておくと、基本的な用語などに慣れやすくなります。どのような仕事をするかについて大まかにでもおさえておきましょう。

 

もしも面接等で業務内容について突っ込んで問われたとしても、基本用語が身についていれば質問の意味をとらえやすくなりますし、仕事のイメージを前もって持っていれば話すべきことをその場で検討しやすくなるはずです。

 

知っていることが少しでもあれば、全く何も知らないと答えてしまうよりずっと採用担当者に与える印象が良くなります。

 

転職までにある程度時間がある場合

また、転職までにある程度時間があるのであれば、資格取得をするという形でスキルアップを目指してみましょう。資格があればよいというものではありませんが、資格があるとどのレベルの勉強をしたかという事が採用担当者に伝わりやすくなります。それがやる気や適性を示すことにつながっていきます。

 

30代になると勉強から離れていた期間も長いかもしれませんが、転職すればいずれ学ばなければならないことですから、積極的に取り組んでおいて損はありません。学んだことは仕事に直接生かせることも多いものです。

 

もし資格取得が間に合わないとしても、その勉強をしているという事を伝えればやっていることをはっきり伝えることが出来、やる気を示すことにつながっていきます。

 

30代で未経験という事はマイナスに働きがちですが、だからこそ努力をすれば他の人より一歩ぬきんでたアピールができるようになります。転職前の準備段階から、こうした形で積極的にスキルアップを始めていくようにしましょう。