30代女性が転職する際、アピールしたい事とは?

MENU

30代女性が転職する際、アピールしたい事とは?

30代女性が転職の際に注意したいこととはなんでしょうか?30代女性が転職を考える場合には、男性とは異なる点で注意をする必要があります。

 

基本的に男性の場合は女性とは異なり結婚したから仕事を辞めるとか出産や子育てで仕事を辞めるといった問題がほとんどないと言ってよいでしょう。そのため転職をする場合に転職先の企業側は結婚や出産の心配をすることなく安心して採用をしてくれることになります。

 

しかし女性の場合は結婚や出産により仕事を急に辞めざる負えない状況になることも考えられ、それは喜ばしいことである反面企業側にとってみれば仕事が滞るという恐れや急に辞めてしまうことにより仕事自体が立ち行かなくなるということを意味しています。

 

そうなると採用する側も安心して採用することが出来ないわけで、結婚や出産の可能性がある女性に関してはなかなか進んで採用し辛いという特殊な状況が生まれてきます。

 

特に30代女性の場合は近年の晩婚化の影響もあり最も結婚や出産の可能性が高い年代だと言えますので、転職する際にはその点にも注意をしなければいけません。

 

自分から結婚や出産について説明を

30代女性の転職には必ず結婚や出産という心配が付きまといます。この心配を払しょくするためには転職をする際にきちんと企業側に対して自分から説明をすることが重要となります。結婚や出産の可能性がある場合、企業の採用担当者は結婚や出産の予定があるかどうかを必ず聞いてくるでしょう。

 

その際に結婚が控えていることや現在妊娠していることなどを隠したまま転職してしまうと、その時点では採用されたとしてもその後すぐに会社を辞めることになる場合もあります。

 

そのため結婚を控えている場合はそのことを隠さないことが重要ですし、現在妊娠している場合は転職するのを今すぐではなく出産後に延ばすと言うことも必要になってきます。

 

せっかく転職できたのに結婚や出産のためにすぐ辞めることになるようでは転職した意味もないですし、短期間で仕事を辞めたと言う事実が残ることになるためその後の再就職の際にも影響を及ぼすことになります。そのため結婚などの予定を隠すことは絶対に避ける必要があります。

 

仕事に影響が出ないことをアピール

30代の転職で最も重要となるのが、仕事を継続的に続けることが出来るかどうかという事です。そのため転職の際には結婚が仕事を辞めることには繋がらないことや、出産などの予定はないので長期間仕事を続けることが出来ることをアピールすることが必要です。

 

そうすることで企業側も結婚などで辞めてしまうという不安を取り除くことが出来る為、前向きに採用を検討してくれることになるでしょう。

 

女性の場合最も重要なのは企業側のニーズを理解して自分の現在の状況がそれを満たすことが出来るかどうか問う事ですので、出産や結婚と言った女性ならではの問題を如何に払拭することが出来るかが、スムーズな転職成功に繋がるのではないでしょうか。

 

不安がある場合には企業側も採用をしない可能性があるので、それを理解して転職活動を行いましょう。