30代女性の転職で出産後の再就職でアピールしたい事とは?

MENU

30代女性の転職で出産後の再就職でアピールしたい事とは?

30代の女性はあらゆる職場で重宝される、貴重な存在です。スキルや経験を有している人が多く、尚且つエネルギッシュなこの年代の女性の助けを必要としている企業はたくさんあります。

 

しかし転職を考えている30代の女性の採用に難色を示す企業が多いのも事実です。なぜなら30代の女性は結婚や出産を機に退職することが多く、企業は大きな戦力を突然失うことになるからです。

 

こうした状況を回避して転職を成功させるためには、自分が結婚や出産に備えてどのような準備を行っているのかをしっかりと説明することが必要です。たとえば既婚者である人の夫が、自宅でパソコンを使用して行う仕事に就いているとします。

 

このような場合、学校に上がる前の幼い子どもの面倒を夫に見てもらうことが可能です。また子どもがすでに幼稚園や保育園に通っている場合、仕事に打ち込める時間を十分に確保できることを告げたり、両親が子どもの面倒を見てくれることに同意していることなどを説明することができます。

 

習得したスキルを活かせる仕事に再び就くことのメリット

出産を終えて再就職を考えている人の多くは、以前に行っていた仕事と同じような内容の仕事に就きたいと思うはずです。確かに経験があり、尚且つ習得したスキルを活かせる仕事に再び就くことにはたくさんのメリットがあります。

 

しかし企業の中には自分の子どもや家族のお世話によって仕事が邪魔されることはないと説明しても、状況を理解してくれないところもあります。もちろん企業側の意向は十分に理解できますが、再就職するためにがんばっている30代のお母さんからしてみれば、このような状況にはがっかりさせられます。

 

このような場合、少し思考を変えて転職活動を行うことができます。それは幼い子どもを持つお母さんのことを考えた企業に転職することです。

 

短時間のシフトを設けている職場

最近では実力のある人材を結婚や出産で手放さなければならない状況を懸念し、短時間のシフトを設けている職場があります。このような企業は家族のお世話に忙しくしている30代の女性にとって、もってこいの職場であるといえます。

 

こうした企業で社員として働くことは、社会保険やボーナスの支給といったたくさんのメリットを有しています。しかし勤務時間が少ないために、給料も1日8時間の仕事と比べると少なくなります。

 

それでも理解のある企業で働けるというのは精神的にも非常に楽であり、気疲れすることはありません。そのような職場には自分と同じような立場の人が働いているわけです。

 

そのため急な用事や子どもの病気などが原因で仕事を休まなければならないときなど、周りから冷たい目で見られてしまうことはないでしょう。こうしたシフトでの労働形態を採用している職場はアパレル関係や看護師といったものが有名です。

 

もし以前にこれらの仕事の経験があり、尚且つ出産後に再び就職したいと感じている人は、このような企業で働くことができます。すでに経験とスキルを有しているわけですから、重宝される人材となること間違い無しです。出産後の転職に関しては、こうした企業の情報をチェックすることもお勧めです。