30代で転職する前に知っておきたい転職活動の全体像

MENU

30代で転職する前に知っておきたい転職活動の全体像

30代というのは、まだ転職をするのにもそれほど不利でないと言われる年代であり、また異業種など新しい職場に入っていくのにギリギリの年齢とも言われる時期です。

 

30代の転職では、即戦力、としての能力が求められます。またマネジメント能力、管理職としての能力を求められるところもあり、特に35歳以上の場合は、仕事の専門性とマネジメント能力の両方を求められるのでハードルは上がります。より自由度の高い転職を求めているなら、30代前半のうちが良いでしょう。

 

気を付けたいこと

ただ気をつけるのは、焦らないということです。

 

景気が良くなってきた、有効求人倍率が上がってきたなどと言われていますが、ハローワークが発表している有効求人倍率は1.3をこえていても、その中野、正社員の、有効求人倍率は0.8を少し上回る程度です。

 

いまは景気がいいからすぐ転職先が見つかる、と安易に考えていると、正社員待遇でなくなってしまうかもしれません。30代はすみやかに決めたいですが、あくまで、いまの仕事を辞めず、じっくり探す覚悟が必要です。

 

まずすべき事とは

まずは求人サイトに登録しましょう。それぞれの特性もあるので、いくつかのサイトに登録してみて、使い勝手を見ながら、あるいはどのような仕事に強いのか判断しつつ、取捨選択します。サイトによって、業種や職種、20代、30代、40代などの年代別に強みが違ってくるからです。

 

希望の仕事が見つかれば、書類応募をし、必要があれば筆記試験、そして面接をし、採用、不採用が決まります。

 

しかし本当に求人活動をする時間がない、という人もいるでしょう。能力があれば特にそうなります。その場合、転職エージェントを活用しましょう。登録すると、まずは面談をすることになります。

 

エージェントに対し、自分の希望する転職先や、自分が希望する仕事、待遇、といったものを伝えたり、面談することで自分がどういう印象を与える人物か、どういう能力を持っているか、ということを客観的に整理してくれる役目も持っています。

 

他にも、書類の書き方のポイントや、非公開求人の情報を得るコネを持っていたり、書類が通過した後も面談の日程を合わせたり、面談の練習相手をしたり、退社手続きのやり方など、いろいろと情報を持っている専門家ですから細かな疑問にも応えてくれますから、かなり時間と手間を省けます。

 

入社後の定期的なサポートがある場合もあります。

 

仕事のない空白期間がないと良い理由

仕事のない空白期間がないと良いのは、税金面などの理由もあります。新卒で仕事につくと、国民年金、健康保険や所得税、住民税の支払いなど、会社に手続きを依頼して自分では詳しい手続きをあまりしていない、明細上でしか確認していないものも意外と多くあります。

 

そういったものも、リレーするように転職すると、空白期間が発生しないため手続きがわかりやすくなるのです。

 

そして忘れてはいけないのが、退職前、上司に退職の意思を伝えることです。引き継ぎのことを考えても、1ヶ月前までには必ず伝えた方がいいでしょう。多くの企業では1ヶ月前までには、と就労規則にあるのですが、念のため確認しておくの大切です。

 

法律的には2週間前でもかまいませんが、常識的にはスムーズに辞めるため余裕を持ちましょう。また引き止めにあった場合も、退職の権利は社員が持っているので、上司に止めることはできません。強い意思を伝えれば辞めることは可能ですから、もし不当な引き止めにあったら、強い態度を示しましょう。