30代の転職で、転職活動は退職前か?退職後か?メリット・デメリット

MENU

30代の転職で、転職活動は退職前か?退職後か?メリット・デメリット

30代転職をしようと思っている人は、いつするべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。退職前にするか退職後にするか主にこの2択だと思いますが、これでもかなり悩んでしまうと思います。

 

もちろん、どちらなら絶対に転職出来るとか出来ないというのはありません。どっちの方法でもする人はしますし、出来ない人は出来ません。大事なのは、メリットやデメリットをしっかり把握した上でどちらかに決め、ちゃんと転職活動を行うことです。

 

退職前のメリット・デメリット

まずは退職前についてですが、退職前ということは仕事をしながらということになってしまいます。そんな状態で転職活動が出来るのかと思う人もいるかもしれませんが、やっている人はやっています。

 

ですが、1人で全てやろうとしまえば疲れ果ててしまうでしょうし、もし周りにばれたらギクシャクしてしまうかもしれません。そういう意味では、デメリットのほうが大きいように思えます。

 

ですが、退職前だからこそのメリットももちろん存在します。それは、仕事を辞める前だから給料がストップしないということです。仕事を辞めなければ給料は入ってくるので、お金に困る必要はありません。

 

お金がストップしないというのは、かなりメリットとして大きいのではないでしょうか。それに、もし上手くいかなかった場合でも仕事を続けられるわけです。保険と言ったらおかしいかもしれませんが、リスクはかなり減るかもしれません。

 

退職後のメリット・デメリット

次は退職後の場合ですが、人によってはデメリットしか無いのではと思う人もいるかもしれません。確かに、退職した後ということはお金がストップしてしまいます。ですが、30代かつ同じ場所にそれなりに勤めていたら退職金も出ていると思います。

 

ある程度の期間なら、お金のことをそれほど気にすることなく、転職活動に専念出来ると思います。それに、職場に気を使わなくて済みます。好きなだけ自分のために時間を使えるわけですから、よりたくさんのことが出来ると思います。

 

もちろん、かなりリスキーではあるかもしれません。仕事は辞めてしまっているわけですし、もし次の職場が上手く決まらなかったら延々と無職になってしまいます。時間はたくさん使えるかもしれませんが、だからといってスムーズに決まるとは言えないのです。

 

退職前か退職後かというのは人によって違う!

30代というのは、微妙な時期かもしれません。企業によっては中心となる年代かもしれませんし、まだまだ若い人扱いされるかもしれません。ですが、やると決めたならやらなければいけませんし、成功させなければいけません。

 

それでも、退職前か退職後かというのは人によって違います。自分で決めた方法ならやり通さなければいけませんし、後戻りは出来ないでしょう。どちらにもデメリットはどうしてもあるのです。

 

それをしっかり分かった上でやらないと、後悔してしまうかもしれません。そうならないよう、まずはゆっくりと考え結論を導いてください。ときには誰かの助けを借りるのも、良いことだと思います。30代ならまだ頑張れますし、30代だからこそ出来ることもあるのです。