転職における求人の探し方:8媒体の紹介!!

MENU

転職における求人の探し方:8媒体の紹介!!

転職活動をする際には、まず求人を探すことから始まります。
現在では実に様々な方法で求人を探すことができて、特にインターネットの普及により時間も短縮されてきています。

 

転職求人の探し方@:新聞の求人欄

昔から新聞の求人欄はすぐに仕事が必要な人に需要がありました。多くはサービス業であり、未経験でも応募可能な求人があります。配送やタクシー運転手など、将来独立可能な異業種にチャレンジしたいと思う人に向いています。

 

転職求人の探し方A:人材紹介会社

人材紹介会社は厚生労働大臣から認可を受けた業者で、自分の経験やキャリアを登録して、アドバイザーによりその能力を必要としている企業とマッチングして紹介して貰えるサービスです。

 

登録するにはアドバイザーとの面接が必要で、履歴書や職務経歴書も提出する必要があります。キャリアに関しては面談の際に徹底的に追及されますので、嘘をついてもバレてしまいます。

 

専門的な知識の必要な業種を希望すると、試験を受けることもあります。その代わりに実力が認められると非公開の大手有名企業を紹介して貰える可能性も高く、収入アップに繋がります。

 

転職求人の探し方B:人材派遣会社

人材派遣会社とは、登録スタッフと雇用契約を結び、必要とする派遣先企業に労働を提供するサービスです。正社員やアルバイトとは違い「雇用契約をしている会社」と「実際に勤務する会社」が違います。

 

働く際には労働環境や就業規則などは派遣先に従いますが、給与は人材派遣会社から支払われ、人事権も派遣元にあります。雇用期間は契約に派遣元と派遣先により決められ、期間が終わると更新するか次の派遣先を紹介されることになります。

 

最近の人材派遣会社では「紹介予定派遣」という制度が増えてきています。これはまず最初に派遣として登録スタッフを採用して、一定期間能力や勤務態度を見極めた後、正社員として採用するというシステムです。

 

企業も個人もミスマッチングを防げるというメリットがあります。

 

転職求人の探し方C:転職フェア

転職フェアは人材業者が開催する企業同士の合同イベントです。大きな会場で行われ、参加するには申込みが必要となるのが殆どです。直接その会社の人事や担当者と会って話ができるので様子が分かり、アピールに繋がります。

 

その場で応募することはできませんが、運が良ければ面接の予約が取れることがあります。

 

転職求人の探し方D:求人サイト

現在最もポピュラーな転職活動方法です。インターネットのサイトに登録するだけで、数多くの求人情報を閲覧できます。自分の希望条件を入力して検索すれば、より効率的に求人を絞ることができ、自分の都合の良い時間に転職活動ができます。

 

定期的にメルマガで条件に合った求人情報を送ってくれたり、中にはアドバイザーが相談に乗ってくれるところもあります。

 

転職求人の探し方E:ハローワーク

ハローワークは中小企業に強く、地元密着型の企業が多くあります。最近ではインターネット上からも求人が閲覧できる様になっていて、良い求人があればハローワークに出向いて紹介状を発行して貰い、直接応募します。

 

転職求人の探し方F:人材バンク

人材派遣会社と同じです。

 

転職求人の探し方G:折込み求人

定期的に新聞と一緒に配られる求人チラシです。こちらはよりその地域限定の中小企業がメインで、メーカーの下請け工場や配送などの仕事が多くなります。

 

好条件の求人が多いのですが競争率も高く、チラシが発行される頃には締め切っていた、決まっていた、ということも多くあります。

 

 

転職をするならば、上記の方法を複数使って求人を探すのがおすすめです。インターネットを頼るよりも自分の脚を使った方が良い転職先を見つけることができた、というケースも多いのです。