【転職書類解説】履歴書と職務経歴書の違いを知っていますか?

MENU

【転職書類解説】履歴書と職務経歴書の違いを知っていますか?

履歴書と職務経歴書の違いを正しく理解しよう!

 

転職をする場合には企業に対し指定された書類の提出が必要となります。

 

その際には履歴書の提出以外に職務経歴書という書類を提出する必要が有る場合が多く、その違いを正しく理解しておかないと何を記載すれば良いのか分からない、記載した内容に差異が生じてしまい採用する際にトラブルになると言うことも考えられます。

 

通常の就活であれば履歴書だけ書けばOKとなりますが、転職の場合は就活とは違い職務経歴書の存在が非常に大きなものとなることが考えられます。

 

では履歴書と職務経歴書の違いは何なのかといえば、履歴書は自分が今まで歩んできた学歴や職歴と言った情報、氏名や年齢、住所といった情報、その企業への就職を何故希望したのかと言った志望動機、長所や短所、アピールできるポイントと言った情報を記載することになります。

 

要するに履歴書とは自分自身を企業に詳しく知ってもらうための書類となりますので、記載する情報に関してもそれに準ずる内容のものとなります。

 

職務経歴書に関しては履歴書とは異なり、自分が今まで歩んできた職歴を詳しく記載したものとなります。そのため内容のほとんどはどういった企業に就職しどのような業務を受け持ってきたのかといった仕事に関することだけを記載する書類となります。

 

職務経歴書の出来次第で転職成功するかどうかが決まる

履歴書を記載する際に気合を入れて書くと言う人も多く、ミスの内容に記載する内容に注意しながら、長所や持っている資格などを詳しく記載して企業にアピールする人も少なくないでしょう。

 

しかし転職の場合は履歴書の内容だけでは採用に結びつかないことが多く、職務経歴書の内容を非常に重視する傾向に有ります。

 

何故なら転職の場合は企業側も即戦力となり得る人材を求めている場合がほとんどで、新卒のように一から会社で教育して育てていくと言ったことは求めていないためです。

 

そのため職務経歴書を重視して今までどのような職歴を経てきたのか、その中でどのような成果や実績を上げてきたのか、自社にとって有益となり得る資格や技術、スキルなどを有しているのかをみられることになります。

 

そう考えた場合職務経歴書の重要性がとても高いことが分かりますし、ただ単に今までの職歴を書き連ねておくだけでもダメということが分かるのではないでしょうか。職務経歴書に求められるものは企業にアピールでき採用したいと思わすことが出来る内容が必要となります。

 

履歴書と職務経歴書の内容はリンクさせて

履歴書にも職歴を記載することになるため、職務経歴書の内容と差異があってはいけません。もし内容に違いがある場合には虚偽記載であると捉えられてしまう場合もありますので、履歴書の内容に沿ってそれを詳しくしたのが職務経歴書となるのがベストであると言えます。

 

転職の場合は職務経歴書がとても重視されますが、もちろん履歴書の内容に関しても必ず確認されますので、その違いを正しく理解して書類に適した内容を記載することが転職成功に繋がるでしょう。