転職で成功する自己PRの書き方の3つのコツ

MENU

転職で成功する自己PRの書き方の3つのコツ

転職成功する為の秘訣にひとつに自己PRがあります。自己PRとは、その名の通り、自分自身をアピールする場であり、まだ見ぬ相手にいかに自分の良さをアピールする事ができるかが転職の成功に大きく関わってくると言えるのです。

 

まず、第一に人事担当者が是非とも、この人に会ってみたい!と思わせる内容を書くよう、心がける事が大切です。今までの実績などを明確にし、明記する事が大切ですが、ここでは、だらだらと、何をしたと書くのではなく、数字をうまく生かし、どのような事をいつ、どんな感じで行ったのか。

 

そして、その結果、どれほどの功績を挙げる事ができたのかをできるだけ、詳しい数字を使いわかりやすく明記します。転職の場合、今までの実績が大きなポイントになってきます。

 

この実績が人事担当者に認められるか、認められないかで、成功への道が変わってくると言っても過言ではありません。その為、今までの実績は、自己PRの場では、数字を使い、明確でわかりやすいといった事の重点を置き、作成する事をお勧めします。

 

2つ目としては

2つ目としては、入社してから自分が活躍する事ができる事についてアピールします。今までの経験を活かし、新しい会社でどんな事をする事ができるのか。また、具体的には、どのような点で貢献する事ができるのかなど明確に上げ、アピールすると良いかと思います。

 

その際、決して、身の丈の合わない大きなことを書く事はありません。身の丈に合った、自分に出来る事を書けば十分です。今までのスキルや資格を明記し、その上で、それらを活かし、どんな事に貢献する事ができるのか。

 

また、資格を取るきっかけや何のために取ったのかと言う事も並行して明記する事で、新しい会社への意欲や貢献度をアピールする事ができ、転職の成功へとまた一歩近づける事と思います。

 

最後は

そして、最後は、自分自身のアピールを明記します。ここでは、仕事に関係するアピールではなく、自分自身のアピールをしていきます。仕事や学生時代などでも良いので、今まで一番苦労したことやその時、どのようにその苦労を乗り切ったのかと言う事などを書くと良いかと思います。

 

また、自分自身の人間性や人としての考えやポリシーなど人事担当者に自分の良さを知ってもらう事ができるような内容にする事で、一緒に仕事がしたいと持ってもらう事ができ、転職を成功させる事が可能になってきます。

 

以上のように自己PRを書く際は、このような3つのポイントを抑え、書く事をお勧めします。人事担当者は、転職と言う事で、今までの仕事の実績を採用のポイントに置く一方、実際、転職後、会社に馴染み仕事を行う事ができる人格なのかと言う事にも重点を置き、採用を考えます。

 

その為、仕事の実績に加え、自分自身、新しい会社でも十分、対応し仕事を行う事ができると言う事を自己PRで十分にアピールすなければいけないと言う事を忘れず、作成する必要があると言えるのです。