転職書類でアピール力を高める工夫:要約を冒頭に書け!

MENU

転職書類でアピール力を高める工夫:要約を冒頭に書け!

職務経歴書を書く場合にはまず経歴要約を書きましょう!

 

転職する際に提出する職務経歴書は採用を決めるためにとても重要な意味を持つ書類と言えます。そのため自分の職歴を如何にして企業に伝えるかが重要となり、そのために効果を発揮するのが職務経歴書の最初に記載する経歴要約です。

 

この経歴要約とは今までの職歴、経歴を分かりやすく短く要約した文章のことで、一目見てすぐにどのような経歴を経てきたのかを企業側に伝えるために効果の高い文章となります。

 

この経歴要約があるのか無いのかによって転職が決まると言っても過言ではなく、いくら内容の濃い職務経歴書を作成してアピールしたところで、経歴要約が無ければそれは意味を成さない可能性が高と言えます。

 

何故経歴要約が必要になるのか?

自分の職務経歴がとても華々しいもので、様々な実績や成果を上げていたとしても、それを転職の際に企業に伝えるのはなかなか難しいことだと言えます。そのために職務経歴書が用意されておりその職務経歴書の内容を見て企業の採用担当者は採用を決めるわけです。

 

しかしほとんどの場合、採用担当者は職務経歴書を最初から最後まで詳しく見て確認するということはなく、ある程度サッと目を通すだけというケースが多いのが実情です。

 

そのため自分をアピールするために職務経歴や実績を詳しく記載したとしても、それに気づいてもらえないと言うことも十分に考えられます。その際に役に立つのが経歴要約の部分で、冒頭に経歴要約を記載することにより大まかな職務経歴を企業の採用担当者に対しアピールすることが出来ます。

 

 

もし担当者が経歴要約を見て興味を持ってくれれば、職務経歴書の内容にもしっかりと目を通してくれることになり自分がアピールしたいスキルや実績なども見てもらうことが可能になります。

 

そのため経歴要約を記載することが非常に重要であるとともに、要約により興味を持ってもらうと言う事にも役立つことになります。

 

経歴要約は200文字程度にまとめよう

経歴要約を書く場合、出来るだけ簡潔に分かりやすくまとめることが重要でとなります。何故なら経歴要約が長すぎれば最後まで見てもらえなくなる可能性があるためです。

 

そのため経歴要約を記載する際には200〜250文字程度にまとめることが必要で、その中に企業に知ってほしい内容を詰め込むことが重要となります。基本的には時間列に沿ってどのような経歴を経てきたのかを記載することになりますが、その際にさりげなく実績や成果などを文中に盛り込めば、その部分に興味を持ってもらうことも可能になるでしょう。

 

記載する際には何年くらいその仕事に従事したのか、どういった職種に就いていたのかを記載することも忘れないようにすることが重要です。

 

年数は熟練度にも繋がる部分ですし、職種は転職する企業に関係する仕事かどうかを知ってもらうために必用となるので、実績ばかりではなく基本的な情報をの記入し忘れをしないように注意することも必要となります。それに注意することで転職に必要となる魅力的な経歴要約が書けるでしょう。