転職で採用担当者に熱意を伝える志望動機の書き方

MENU

転職で採用担当者に熱意を伝える志望動機の書き方

転職の際に提出する書類の中で、必ず記載しなくてはならないものが志望動機です。他の部分は特に考えず必要事項を記入することが出来ても、志望動機は自分の言葉で考えなくてはならないため、ペンが止まってしまう事も多いところです。

 

しかし、個人の考え方が出るという点では採用に大きな影響を与える部分といえます。しっかり書くことが出来れば、その会社に入りたいという熱意が伝わり大きなアピールにつなげることもできるのです。どういったポイントに注意して書けばよいかを確認していきましょう。

 

まず重要なこととは?

まず重要なことが、その企業に入りたいという理由をしっかり述べるという事です。ついやってしまいがちな書き方として、どの企業にも通じる志望動機を書いてしまうという事が挙げられます。転職書類の書き方見本などを見て書くとこういった書き方になりがちですが、マイナスに働くこともあります。

 

同じ業種の会社であればどこでも通じる内容を書いてしまうと、その会社に入りたいという熱意が伝わりにくくなります。

 

社会人経験のない新卒での就職なら許されることもありますが、ある程度その業界で仕事をしてきた転職者の場合、業界分析がしっかりできていない、会社について理解できていないとみなされることもあります。

 

入りたい会社について調べ、自分がなぜそこへ入りたいのか、具体的に示していくことが転職時の志望動機には欠かせないポイントとなるのです。

 

この転職が会社のためになるものだという事もしっかりアピール!

また、この転職が会社のためになるものだという事もしっかりアピールしていきましょう。本来の志望動機は自分のためであることも多いでしょう。自分の力を生かせそうだから、より良い待遇で働けるから、など自分を主体にして考えてしまいがちです。

 

しかし、志望動機はいわば自分を応募企業に売り込むために書くものです。自分のメリットだけを並べても、その企業にどれだけのメリットがあるかは伝わりにくくなります。そのため、その企業にこのように貢献できる、といったことを考えて記載していくとよいでしょう。

 

具体的に貢献の仕方を記載しておけると働き方や採用のメリットが伝わりやすくなり、採用に結び付けやすくなります。会社での活かし方があまり具体的にイメージできないようなときは、自分の力が仕事を通して社会にどう貢献できるかを考えてみてもよいでしょう。

 

そうすることで自分だけを考えているのではなく広い視野を持っていることも示せますし、これまでの経験やスキルを生かした貢献の仕方を記していくことによってこれまで培ってきたスキルを示すこともできるようになります。

 

志望動機は確かに書きにくく面倒に感じる部分でもありますが、他の人に差をつけようとすればこれ以上ない重要な部分といえます。時間をかけてしっかり作り上げることが必要です。

 

やる気や熱意をしっかりアピールし、採用のメリットを具体的に伝えることが出来るような志望動機に仕上げていきましょう。転職の大きな武器になってくれるはずです。