30代転職の一般的な転職活動期間とは?

MENU

30代転職の一般的な転職活動期間とは?

30代転職活動期間の平均はどれくらいなのでしょうか? 30代で転職を考えた場合、理想を言えば会社を辞めて間をおかずに次の仕事に転職できるというのが最も理想的です。この場合生活にも影響が少なく仕事へのモチベーションも維持したままの状態で転職できますので、デメリットになる部分がほぼ無いといえます。 しかし実際の30代での転職に必要な期間を考えた場合、平均して約4〜6ヶ月程度の期間が必要となっており、それは30代前半と後半では大きく期間も異なっていることが分かります30代前半のほうが転職に必要な期間が短く、30代後半になってくるとそれが目に見えて長くなっていると言えます。 これは30代前半のほうが転職する際の求人数が多く転職しやすいため期間が短いことを意味しており、30代後半は求人数が減るため転職活動期間が間延びしてしまうことを意味しています。そのため平均的には少なくとも4ヶ月程度は必要と考える必要があり、その間の準備も重要となってきます。

転職期間が長引くと出てくる問題

30代の転職活動期間の平均は約4ヶ月ですが、仕事を辞めた後で転職活動を行う場合にはこの4ヶ月間の生活費などの収入が一切途絶えた状態での転職活動となります。そのため平均的な転職期間を知った上で、その間の生活に問題が無いように準備をしてから転職する必要が出てきます。 基本的には会社を辞めた場合には失業給付金を受け取ることが出来ますが、この失業給付金は自己都合で辞めた場合には3ヶ月間の待機期間が必要となるためその間は完全に収入がゼロの状態になります。 そのためあらかじめその期間も見越してお金を貯めておくことが安心して転職活動を行うための準備となります。少なくとも3ヶ月分の生活費を用意しておけばその後は失業給付金が支給され始めますので、お金の心配をすることなく転職活動に打ち込むことが出来るでしょう。

平均的な転職活動期間が意味するもの

30代の転職活動期間の平均を考えた場合、その期間を超える場合は転職に対するモチベーションが維持できないと考えたほうが良いでしょう。基本的には3〜4ヶ月程度で新たな転職先を見つけるほうが精神的に疲弊しませんので自分の目指している転職先への転職が可能となります。 しかし転職活動期間が延びれば延びるほど焦りが生まれてきますし、モチベーションの低下から転職に関して妥協が生まれてしまうことになります。そうならないためにはあらかじめ期間を決めてスケジュールを組み立てそれに沿ったメリハリのある転職活動を行うことが重要となります。 ダラダラと転職活動を行っても成果は上がりませんし無駄に時間ばかりを消費することにもなりますので、平均的な転職活動期間はある意味タイムリミットであると考えて、その期間内に必ず転職を成功させるという気構えで活動に勤しむことが転職成功のポイントとなります。 妥協して転職した場合は必ず不満が出てくると考えたほうが良いでしょう。