30代で仕事を辞めたい理由とその対策

MENU

30代で仕事を辞めたい理由とその対策

30代と言う年代は社会人としても最も脂の乗ったときであり、一人前として仕事も出来る年代です。早い人であれば昇級や昇格して役職を持つ人もいるでしょうが、そんな30代と言う年代でも仕事辞めたいと感じることも少なくないといえるでしょう。その理由と対策法を知ることで仕事を辞めずに続けることが出来ます。

 

30代が感じる賃金格差という理由

30代の社会人全てが均一に給料を貰っているわけではなく、勤務している会社によってもらえる賃金は全く異なります。

 

そのためある程度の期間働いてきた時点で同年代他社の人との賃金格差が明確になってきてしまうと、今の自分の給与に不満を持ち仕事を辞めたい、変わりたいと考えるようになりやすいでしょう。

 

賃金に関してはなかなか解決するのが難しい問題ですし、仕事自体には不満が無いけれど賃金だけに不満がある場合などもなかなか転職するということに踏み切れないと考えられます。

 

その場合には今の賃金に納得して働くと言うことや、賃金よりも仕事自体にやりがいを見出すということ、賃金が少ないと感じた場合にはそれを補える副業を始めてみるなど考え方を少し変えてみたり他の方法で収入を得ることを始めてみるのも良いでしょう。

 

特に仕事に問題が無い場合辞めてしまうと後悔する可能性が高くなるため、安易に辞め内容にしましょう。

 

人間関係での悩みで辞めたいと感じる場合

30代という年代の場合、高卒や大卒で働き始めた場合には約10年以上の社会人としてのキャリアを誇ると考えられます。その場合職場内での人間関係と言う問題が起こりやすくなっていますし、長く勤務したからこそ分かる人間関係の難しさに悩まされることも少なくないでしょう。

 

この人間関係は良ければ仕事の効率も上がりチームワークも生まれますが、悪ければ人間関係がギクシャクしてしまいチームワークの乱れや仕事の効率悪化に繋がってしまいます。

 

そのため人間関係に悩んでいる場合、周りの人に相談するとか、あまり相性のよくない人と一度話し合いをしてみるなどその間系を改善する努力が必要となります。

 

まずは挨拶から初めて少しずつ関係を改善していくことも重要なので、人間関係で悩み辞めたいと感じる人はコミュニケーションを取るように率先して動いて見ましょう。

 

自分の仕事内容に納得できず辞めたい場合

自分の受け持つ仕事の内容に納得できずに辞めたいと感じる人も30代では増えてきます。特に仕事に対してやりがいを感じられない場合や毎日同じような仕事ばかりを押し付けられている気がするケースでは、仕事に対するやりがいが感じられないため辞めたい気持ちに傾いていくことが考えられます。

 

その場合今受け持っている仕事が本当につまらない仕事なのかを考えることも必要で、目先を変えて受け持った仕事にやりがいを見出してみることも必要となります。

 

大なり小なり様々な仕事がありますが必要のない仕事と言うものはありませんので、自分の仕事も会社の役に立っていると考えればやる気も出てきますし、仕事に対して目標を決めてみるだけでもやりがいを感じられるようになるでしょう。