30代からのキャリア設計のやり方

MENU

30代で仕事を辞めたい理由とその対策

30代になって自分の今後のキャリアアップについて悩む事もあるでしょう。20代では与えられた仕事を必死にこなす事に注力していたものが、一通りの仕事はできるようになり、部下や後輩を指導しつつ、自分もスキルアップを図る事が必要な年齢になり、このまま進んで将来は大丈夫だろうかと迷ったりする事が増えるからです。

 

30代になって、自分のキャリアアップを、転職も含めて考える場合には、第2新卒と言われる20代後半とは異なる整理と判断が必要となります。この点について、少し考えてみましょう。

 

自分のキャリアとスキルの棚卸を行う!

これまで、会社の中でキャリアを積み、身に付けたスキルをまず整理してみましょう。スキルを大項目、小項目に分類し、自分が目標と考えるスキルの到達点を5点として、現在のスキルがどの程度であるのか、自己評価してみましょう。

 

これまで経験した事が無く、スキルが身に付いていないものの、今後拡大したいスキルの大項目や小項目も忘れずに列挙しましょう。

 

自分の目標とするキャリアアップを考える!

30代になり、自分は仕事において将来どのような姿になりたいのかを再度じっくりと考えてみましょう。その会社に就職した時には、それなりに自分の将来像を漠然とでも描いていたはずでしょうが、10年程度仕事を経験した現実を踏まえて、今後のなりたい自分の姿を再度考え直してみるのです。

 

当初の漠然とした目標から変化はしているでしょうが、30代になり経験を積み、現実を知った事で、より具体的で強い想いになっている事が多いはずです。

 

なりたい自分と棚卸したスキル評価のギャップを認識する!

なりたい自分、将来の自分の目標と、冒頭に自己評価したスキルのギャップをしっかりと認識してみましょう。このギャップを埋める方法がまさにキャリア設計となるのです。

 

それぞれのスキルギャップを埋める事が、今の会社でさらに難しい仕事にチャレンジさせてもらえれば可能なのか、自己啓発で可能なのかと言った手段とその実行計画を考えましょう。

 

この方法を考える事がキャリア設計であり、今の会社で難度の高い仕事に挑戦する事ができなかったり、自己啓発では埋められないギャップがあったり、また幅の拡大として身に付けたいスキルが、今の会社ではキャリアパスをしても獲得が無理だと言う事であれば、その段階で転職も視野に入れる必要があると言えます。

 

30代でのキャリアアップのための転職

こうしたキャリア設計で、転職が頭をもたげたなら、当然ながらスキルアップやスキルの拡大を図れる、今の会社よりも仕事内容が高度であったり、幅の広い仕事を手掛ける会社への転職が必須となります。

 

社会人経験の中で、そうした条件を満たす会社が何社か心当たりがあるなら、その求人情報をチェックして求人があればチャレンジすれば良いでしょう。
しかし、そうした会社をもっと知るためには、単純にネットの求人情報をチェックするのではなく、やはり転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

 

あなたの想いを知ってもらった上で、あなたの望んでいるチェレンジシブな仕事の求人情報を紹介してもらう事が重要なのです。

 

30代のキャリアアップのための転職なら、後戻りとなる様な転職では意味がありません。前向きな転職のためには、やはりそれなりの情報をしっかりと得て、失敗しない転職とする必要があるのです。