30代男性が転職に勝つために必要な事とは?

MENU

30代男性が転職に勝つために必要な事とは?

30代男性が転職市場で勝つためには、それまでの自分のキャリアを重視されるということを忘れないでください。基本的に、30代はそれまで何をしてきたかが重要視されます。

 

転職するということは前の会社を辞めたということですし、その間に何をしていたのかということも面接でよく聞かれることです。

 

30代が面接でよく聞かれること

30代が面接で聞かれることとしては、まず、前の会社で何をしてきたかということ、そして勤務年数もよく聞かれます。ここで短期間の就業を何度もくり返しているようですと、面接で突っ込まれる理由となります。

 

30代に限らず、社会人生活では3年がひとつのキャリアとして捉えられます。現代の厳しい就職事情ですと、5年働いて初めてキャリアを積んだと認められる風潮も根強いです。

 

そんな中で半年間や短期間でどんどん職場を変えている人がいたとすれば、それだけで転職市場ではすでにマイナスであることを覚えておきましょう。余程納得のいく説明ができないと、おそらく面接で落とされる可能性が高くなってしまうでしょう。

 

転職で勝つためには

30代で職歴も積み、ある程度仕事についての知識なども知っている方は、それまでのキャリアの中で培ったこと、学んだこと、それらを惜しみなく出すことができれば他者や新卒者にも勝つことができるかもしれません。

 

しかし、短期間の就職歴ですと、例え職歴があっても、それがマイナスに見られかねません。つまり、「なぜ短期間にこんなにも辞めているのか」ということが先に見られてしまい、短期間でも掴んだキャリアの経験が脇に追いやられてしまうのです。

 

これを払拭し、他の転職希望者に勝つためには、人柄やそれまでの経歴をどのように構成して練り込み、アピールするか。これしかありません。経歴自体が負けているなら、それを上回るアピールをするしかありません。不利な状況から有利な状況に持っていくことこそが、転職で勝つために最も必要なことなのです。

 

面接での対応

そのためには、まず、経歴の棚卸しをしましょう。これまで、自分が何をしてきてどういうことをしたいのか。そしてそこから描く未来像をまず履歴書で説明し、面接に呼ばれたとき、さらに面接官に説明できるかにかかっています。

 

面接での対応は、転職者ならまず間違えないことをうっかり間違えないことです。入室の礼儀から面接中の態度、そして退室時の対応もしっかりと復習し、頭に入れておきましょう。緊張感は何を引き起こすかわかりません。

 

面接官の目を見て話すことはかなりのアピールになります。顔を見て話すということは予想以上の説得力を持ちます。また、すぐ話さず、考えるふりをして下を向いたり斜め下を見て考え、少しの間を置いてから答えるようにしたりすると、さらにアピールできる可能性が高まります。

 

面接は常に自分が他よりも負けているから、頑張らねばという意識で臨むと、かえって熱意が出て伝えようとする気持ちが出るので、あまり驕らずにしっかりと自分の考えを述べていきましょう。それが転職活動で勝つ秘訣となります。