30代が持っておきたい貯金額と、その貯め方

MENU

30代が持っておきたい貯金額と、その貯め方

社会人として働き始めると給与を貰うことができますが、その給与を全て使っていてはこの先のことや高額なものを購入する場合、老後などを考えたときには不安になってしまいます。そのため30代社会人として最低限持って置きたい貯蓄額と言うものがありますし、それをどのようにして貯めていくかも重要となります。

 

30代がもっている平均貯金額とは?

30代ともなると高卒や大卒で働き始めたと仮定すると、30代前半で10年程度、30代後半であれば15年以上の社会人キャリアを積んでいることになります。その場合それだけ長い期間給与を貰い続けているわけですので、きちんと貯蓄をしていれば相当額の貯蓄がある計算になります。

 

現在の30代平均貯金額はおよそ380万円前後という調査結果が出ていますので、10年働いている場合には毎年38万円前後の貯金をしている計算となります。

 

これは大卒の初任給を20万円程度と仮定した場合には15〜20%程度を毎月貯蓄に回している計算となりますので、計画を立てて貯蓄をしていけばかなりの額を貯めることが可能になります。

 

基本的に年代と同等の貯金を持っていることが理想といわれており、20代であれば200万円台、40だいであれば400万円台の貯金が最低限あるべき金額といえます。

 

家庭や老後のことを考えて30代で貯金額を増やす必要も

30代であればまだまだ元気ですので一人身であればそれほど貯蓄が無くても何とか生活していくことが出来るでしょう。しかし結婚して家庭を持った場合には生活に必要な出費も増えますし子供が出来れば子供に対してお金が必要にもなってきます。

 

老後のことを考えた場合にも30代で貯金をかなり貯めておかないとその先の人生で確実に苦労することにもなりますし、もしケガや病気になった際に貯金が全く無ければ生活に行き詰まることも考えられます。

 

そのため貯金を如何に多く貯めていくことができるかが生活に安心をもたらしいざと言うときにも助けになるものだと考える必要があります。

 

30代で貯金を貯めるコツとは?

貯金を貯めるためのコツとしてはやはり収入と支出をきちんと管理し、収入に対する支出の額を出来るだけ抑えていくことがポイントとなります。

 

支出が減ればそれだけお金に余裕が出来ますのでそれを貯金に回すことも出来ますし、収入と支出のバランスを上手にコントロールできれば毎月の貯金額を増やすことも出来ます。

 

しかし全ての人が収支のコントロールを出来るわけではないですし、性格的にお金の管理が苦手と言う人もいるでしょう。その場合は毎月の給料から一定額を自動的に天引きして貯金に回してもらうという手段を取ることで確実にお金を貯めることができます。

 

会社に願いすればそれも可能となりますし、最初から天引きされていれば手元に残るお金でやりくりすることになるので、気が付かない間に貯金がたまり少ない金額でもやりくりできるようになるでしょう。そうすることで貯金額を増やすことが可能になります。