30代の転職は実際は難しい?転職する前に知っておきたい事

MENU

30代の転職は実際は難しい?転職する前に知っておきたい事

一昔前では40代での転職難しいといわれていましたが、現在ではその年齢が徐々に下がってきており30代での転職もかなり難しくなってきています。これは社会的な状況も大きく関係していますし、企業側が求める人材にも大きな変化が生じていることが理由としてあります。そのため30代で転職を考える場合は知っておくべき事があります。

 

同じ30代でも前半と後半で大きく違う?

30代といっても30代前半と後半では転職も大きく状況が異なり、前半よりも後半のほうがより転職が、難しい状況になってきています。

 

現在企業側が求めている人材としての適齢期は27〜28歳程度の30代手前という年代が最も転職に向いている適齢期と呼ばれており、それを過ぎると徐々に転職し辛い年齢になってきます。

 

30代前半であればまだ欲しがる企業も多いのですが、企業の方針として35歳が転職の年齢制限となってきつつあるため、30代後半に差し掛かると一気に求人数なども減少してしまい転職が難しい状況になっていきます。

 

そのため30代で転職を考えるのであれば前半の間に行なわないとどんどん転職できない状況に追い込まれていくことになります。

 

安易な考え方での転職は失敗を招く

仕事を変わり転職する場合には、自分が転職をしたくても採用してくれる企業が無ければそれは成立することはありません。

 

そのため転職を考える場合今の仕事が面倒だとか、なんとなく仕事が合わない、もっと自分に合う仕事があるんじゃないかといった曖昧な考え方で転職を始めてしまうと、まずその転職は成功が難しいといわざる負えないでしょう。

 

基本的に中途採用となる転職では企業側も即戦力になる人材しか採用しない傾向にありますし、企業に対してアピールできるスキルや能力が自分でも良く分からない状態であれば30代前半でも転職活動が非常に難しい状況となります。

 

そのためまずは何故転職したいのかを明確にし、自分の経験やスキルなどを正しく理解し把握することが重要となります。その助けになってくれるのが転職エージェントと呼ばれるものです。

 

転職エージェントを利用して転職を成功させよう

転職エージェントを利用することで30代での転職もかなり楽になります。転職エージェントとは企業と転職希望者の間に立ちその仲介をしてくれるサイトのことで、転職での悩みを抱えている人のサポート役と言える存在です。

 

転職エージェントに登録することで自分の今までの職歴などを見直しどんなスキルや経験があるのか、今までの職歴でどのような成果を上げてきたのかなどを再確認することができますし、それを元に企業との仲介を行ってくれるため自分の経験を活かせる転職先を探すことも出来ます。

 

転職エージェントを利用すれば難しいといわれている30代後半でも転職先の企業を探すことが出来ますし、条件が合えばその企業との面接などもセッティングしてもらえます。

 

履歴書などの添削も行ってもらえますので、転職に不安がある場合は転職エージェントをうまく利用することで転職成功の道が開けるでしょう。