30代高卒が転職で成功するには?

MENU

30代高卒が転職で成功するには?

一般的に転職を有利にするならば30代までと言われています。しかし多くの企業は中途採用をする上で、高卒と大卒がいた場合は大卒を採用する傾向にあります。
その為に高卒は30代を過ぎると転職をするのが難しくなってしまうのです。高卒で30代でも転職を成功させる為のコツは以下の通りです。

 

自分のキャリアを重視して仕事を探す

高卒でも転職をするならば、年収アップを目指したいものです。30代まで勤めてきたことで、大卒よりも長い実務経験をアピールする為にも、今まで積んできたキャリアが役立つ転職先を選びましょう。

 

自分が今までどの様な仕事をしてきて、どの様なスキルや経験をしてきたかを整理して、学歴以上に魅力的に見せる職務経歴書を作成します。同業他社に応募する場合、応募動機も大切になります。

 

現在勤めている会社を決して悪く言わず、応募先の企業でなければならない理由をしっかりと考えておきましょう。

 

未経験者歓迎の仕事に就く場合

高卒で30代でも選ばなければ多くの求人があります。中には未経験者歓迎という仕事も多くあります。初めての仕事で収入が良いとかなり魅力的に見えますが、10代、20代の頃と30代の今とでは仕事に対する意欲が違っていることも自覚しておくべきです。

 

全く何も知らない若い頃に比べて社会経験を積んできたことから、素直な気持ちで一から仕事を覚えることに苦労する人もいます。その仕事に就いて3年後、5年後に「こんなはずじゃなかった」と再度転職を繰り返す羽目になってしまいます。

 

未経験の仕事に転職する場合は、キャリアプランをしっかりと立てておくことが大切です。

 

資格取得は職種を選んで

高卒で30代でも転職を有利にする為には資格を取得するというのも良い方法です。但し資格は多ければ良いという訳ではなく、自分が転職する際に役に立つものであることが前提です。

 

ただ転職したいからと様々な資格にチャレンジするのではなく、目的を絞って勉強しましょう。一般的にオールマイティと言われているのが「簿記2級」です。メーカー系や警備会社等は「危険物取扱者」「2種電気工事士」「2級ボイラー技士」があると有利です。

 

物流業界ならば「フォークリフト」「大型」「第二種普通免許」などがあると有利です。これらの資格は高卒でも比較的取得し易いので、転職先の業種に合わせて取得すると熱意を評価して貰えてより有利になるのです。

 

ハローワークを活用

最近では転職サイトや転職エージェントを利用する人が増えています。しかしネットの転職サイトは応募が殺到する為に高卒で30代では不利になりがちです。

 

大手企業にこだわらないのならば、ハローワークを利用しましょう。ハローワークは地元密着型の中小企業が多く、高卒で30代でも応募可能な企業が数多くあります。アットホームで居心地が良く、異動が少ないことから長く勤められる可能性も高くなります。

 

自分の可能性がを見逃さないこと

高卒で30代だからと消極的な気持ちでいると、良い仕事が見つからなかったり面接でネガティブな面が見えてしまったりしてチャンスを逃してしまうこともあります。

 

今までの自分のキャリアをまとめて、自信を持って強みをアピールできる様になれば、学歴に関係なく採用してくれる企業に出会えるでしょう。