30代の転職で失敗リスクを下げる5つの方法

MENU

30代の転職で失敗リスクを下げる5つの方法

30代転職というと、失敗してしまうのではと必ず1回はよぎってしまうと思います。
それは全くおかしいことではありませんが、そうならないように出来ることがあるのです。

 

出来ることなら現職を続けながら転職活動をすること

そんなの流石に無茶ではと思う人もいるかもしれませんが、仕事を辞めてから活動するほうがよほどリスクが高いです。

 

確かに仕事をしながらの活動は大変かも知れませんが、今の仕事を続けるという保険をかけておくことで、精神的にも安定しながら活動することが可能なのです。

 

もし辞めてから始めてしまうと、30代という年齢もあり、仕事が決まらないとやばいという思いが常にのしかかってしまい、プレッシャーに押しつぶされてしまいます。

 

思い切って複数の転職エージェントに相談する

エージェントに相談することで、自分により合った仕事を見つけられるかもしれません。また、アドバイスが貰えたり失敗談を聞けたりするので、自分が今まで気づくことの出来なかった自分に気づくかもしれません。

 

エージェントの話はためになること間違いなしです。それに、複数のエージェントに相談すれば、それだけプロの貴重な話を聞けるわけですから、ためにならないはずがありません。

 

そして、30代に強いエージェントを選べたら最高だと思います。

 

転職エージェントのサポートは積極的に受ける

サポートと一言で言ってもエージェントによって違ったりしますが、大きなところは大体共通しています。例えば、書類の添削をしてもらえるというのは大きいと思います。

 

しっかり書いているつもりでも書かなくてもいいことを書いていたり、逆にか書かなければいけないことを書いていない場合もあります。そういうときにはちゃんと指摘してくれるので、次からはそこを配慮して書くことが出来るわけです。

 

ですがそういうのは、1度指摘してもらわないと案外分からないものです。きっと1度指摘されれば、利用してよかったと思えるでしょう。これで、失敗する可能性はおそらくぐっと減ることでしょう。

 

他にも、面接のセッティングをしてもらえたり、自分の代わりに職を探してもらえたりなど、色々なサービスがあります。

 

計画的に活動する

これが出来れば苦労しないなんていう人はいるでしょうが、正直言ってここは30代なのですから、性格云々ではなくしっかりやらなければなりません。苦手な人はまずざっくりと、このあたりまでに決めたいというのを定め、あとは逆算していけば良いのです。

 

逆算となると、少しは計画をたてやすくなるのではないでしょうか。

 

将来的に後悔のしない転職をする

後悔するかしないかなんてそのときにならないと分かりませんが、後悔しないために出来ることはしっかりやっておきましょう。残念ながら、望みどおりの結果が出るとは限りません。

 

辛かったけど最終的に望みどおりになる人もいるかもしれませんが、叶わない人もいるでしょう。それを失敗ととるか、それとも失敗でないととるかはその人次第です。

 

せめて、30代で良い経験をしたと思えるように努力しましょう。