30代の転職で営業職に就く方法

MENU

30代の転職で営業職に就く方法

30代転職を考えておられる人の中には、これまでとは全く違う職業に就くことを検討している人もいます。

 

そして顧客との接触が多い営業職を考慮しておられる人も多く、求人情報を細かくチェックしてその詳細を調べています。同じ会社内で働く社員のみとの接触を持つのが一般的であるために、外部の人たちとの接触が多い営業職はある意味、特殊な仕事といえるかもしれません。

 

ではこの職業に就くためにはどのような点を考慮すればよいのでしょうか?この点について見てみることにしましょう。

 

自分の性格を分析

まずこの職業に就く前に、自分の性格を分析することが必要です。30代であるなら、これまでに多くの人と触れ合ってきたはずです。

 

また社会での経験も積んでいるために、人との接し方についてもそれなりに勉強してきたことでしょう。しかしどんなにポライトな接し方ができるとしても、それをストレスと感じてしまう人がいます。

 

たとえば笑顔を無理やり作ったり、相手を退屈させないように一生懸命話すことは、想像以上に体力を必要とします。また精神的な疲れも感じることでしょう。

 

このような感情が頻繁に生じてしまう人は、人見知りの可能性が高いといえます。できるならば人と接したくない、親しい人としか話をしたくないという感情が強い人は、この仕事に不向きかもしれません。もちろん場数を踏むことでこのような感情を克服することもできますが、最初から難なくこの仕事をこなせることは期待しないほうがよいでしょう。

 

その一方で、この職業に向いている人もいます。それは人好きな人です。先にも述べたように、30代という年齢の人は社会経験があるために、敬語の使用や目上の人を敬うことを心得ています。

 

そのため人好きな人は営業職に転職してもこれらの点をわきまえることができ、尚且つ人好きであるために話をしたり、相手の話を聞くことが苦になりません。

 

経験を活かす

30代の人の多くは仕事に関するそれなりの経験やスキルを得ています。そのためこれらをアピールすることで、営業への転職を成功させることができます。

 

たとえばこれまで部下をまとめる立場にあった人は、人の心を動かす能力がある人とみなされます。営業への転職はそのような能力が評価されますので、面接時にはその点を述べることができます。

 

また転職先の企業が販売している商品やサービスに関する知識をある程度得ていると、それが有利に働くことがあります。この職業の最終的な目的は企業が販売している商品やサービスを販売することです。

 

そのため顧客にこれらに関する説明を上手に行うことができなければなりません。こうしたことを考えると、あらかじめ企業の商品などについてある程度の知識を得ていることは、プラス材料となります。

 

この仕事は20代の若者よりも、経験を積んでいる30代の人のほうが向いていることがあります。もちろん企業が販売しているものなど、状況によっても異なりますが、この職種に興味がある人は積極的に行動することができます。