30代の転職は思い切りが必要

MENU

30代の転職は思い切りが必要

社会人となり数年間勤務を続けていると多くの人が一度は現状に疑問を持つことがあると思います。それが、人間関係なのか、賃金や待遇の問題なのか、はたまたやりがいといった問題なのかは人それぞれです。

 

そのタイミングが入社してから早いタイミングであればそれほど悩まずに転職という行動に移せると思いますが、10年近く同じ会社にいると様々な問題が出てくる為なかなか転職に踏み切れない人も多くなってきます。そんな転職に踏み切れない30代の方々に対し少しだけアドバイスをさせて頂きたいと思います。

 

転職に踏み切れない訳

30代での転職がなかなか踏み出せないのはまずどんな原因があるのでしょうか。これもその人が置かれている環境によって様々な問題があるでしょう。考えられる可能性をあげてみましょう。

 

まずは、今の会社を離れる不安です。現状に不満を感じながらも、長年勤めた会社には慣れもある為離れるリスクを考えてしまいがちです。さらに、会社や仕事内容には不満があるがせっかく築いてきた人間関係を無駄にしたくないといったパターンも良くあるケースです。

 

次に、考えられるのは家庭の事情です。30代となると大半の人が家庭を持っている場合が多いでしょう。さらに、子供がまだ小さい場合が多く、一家の大黒柱としての責任からなかなか転職に踏み切れないという場合が考えられます。自分自身は転職する決意が出来ていたとしても家族の反対から転職できないといった可能性も考えられるでしょう。

 

このように30代となると20代の頃とは違いフットワークが重くなりがちになる傾向がかなり強いと言えます。

 

転職するには思い切り

30代になると転職するにはかなりの障害は確かにあるでしょう。しかし、だからと言ってそのままで良いのでしょうか。確かに、転職することで今までの人脈や経験は無駄になる可能性もあります。もしかしたら、今より状況が悪化する可能性だって考えられます。

 

しかし、同時に成功する可能性だって同じくらいあるはずです。あの時転職しておけばと後悔するのが目に見えているようであれば、やらずに後悔よりもやって後悔の方が良いのでは無いでしょうか。

 

家族を持つ人はなかなか難しいとは思います。家族の生活ももちろん重要ですが自分の人生を無駄にすることで満足できるでしょうか。家族を路頭に迷わすことはあってはならないと思いますが、自分の人生を楽しめないことも私はあってはならないと思います。

 

30代の転職となると確かに20代に比べて慎重にならざるを得ないと思います。会社をやめてから、ゆっくり休みながら転職活動などといった悠長なことはできないかと思います。

 

在籍中に転職先を探すことは難易度としてはかなり上がると思われます。しかし、30代で諦めてしまうとその先30年近く苦しむ事になります。将来のことをしっかり考えた時に、転職した方が良いと少しでも感じるのならば私は転職することを応援したいと思います。