30代で転職したい人必見!30代で転職する方法

MENU

30代で転職したい人必見!30代で転職する方法

あなたは現在の仕事についてどう思いますか?もしあなたが「今の仕事は自分には向いていない」「もっと自分のキャリアを伸ばしていきたい」「興味がある仕事をしてみたい」と思っているのであれば、転職をしてみませんか?30代で転職する人は多いです。むしろ30代の内に転職をして、自分の能力をもっと高めていきましょう。

 

30代で転職をすることは可能か?

転職には新卒者やまだ若い20代が有利だと思っていませんか?確かに新卒者や20代の若者には、まだビジネスの経験が少ないため、その企業に合わせた教育をすることが出来ます。20代の内にビジネスのルールを教えることで、使える部下になっていくのです。

 

30代には30代の強みがあります。30代にもなれば、社会経験があり、部下を持つ年齢でもあります。企画のリーダーを任されることもあるでしょうし、上司とのコミュニケーション能力もあります。こうした強みは、新卒者や20代の転職者には無いものです。こうした強みを活かしていくことで、30代でも転職が可能になるのです。

 

30代で転職をする方法・履歴書編

履歴書は、企業に自分の能力をアピールしたり志望動機で企業の心に訴えかけるものです。履歴書はあなたという人物を企業に知ってもらうための大切な資料です。新卒者や20代の転職者と比べても、しっかりと書く必要があります。

 

自己PRには、これまであなたがしてきた仕事の経験を絡めてアピールしましょう。30代にもなれば、企業から即戦力として欲しいと思われています。あなたがこれまで仕事をしてきた中で、達成したことや挑戦してきたことを書いてみてください。企業もあなたのやる気や能力を知り、興味を持ってくれるはずです。

 

30代で転職をする方法・面接編

面接では、いよいよあなたのことを企業に知ってもらえるチャンスです。面接ではあなたの人柄が全面に出てきます。面接官も、あなたの振舞い方に対して注目をするでしょう。

 

履歴書の内容に沿って面接官は質問をしてきますので、履歴書の内容はしっかりと覚えておいてください。

 

面接官が特に注目するのは、30代であるあなたのこれまでの経歴でしょう。あなたがどんな仕事をして頑張ってきたのか、どんなことを達成してきたのかを知りたいと考えているはずです。そして、あなたがどれくらいその企業で仕事をしていきたいのか、熱意を知りたいと考えています。

 

予め面接で話したいことを文章にまとめておくと良いでしょう。書き出しておくことで、頭の中が整理されていきます。面接ではキーワードだけを覚えておき、キーワードを文章にしながら発言をするとスムーズです。決して話したい内容の全てを覚えておく必要はありません。

 

転職は諦めないこと

転職するということは大変難しいことです。それは30代に限ったことではありません。人生の分岐点なので、大変なことは当然です。なかなか転職出来ないときこそ、諦めずに頑張ってみてください。