動機は大きく分かれる!30代の転職が目指すところとは?

MENU

動機は大きく分かれる!30代の転職が目指すところとは?

転職成功率が非常に高いとされている年代が30代です。その理由ははっきりしています。まず30代という年齢はまだ若く、活力に満ち溢れています。

 

そして当然のことながら頭も柔らかく、新しい仕事をスムーズに覚えることができます。加えてある程度の経験も有しているために、大きな即戦力として活躍できるからです。このように30代の人の状況を冷静に考えてみると、この年代の人材を欲する企業が多いのも理解できます。

 

このような現状を踏まえ、ステップアップのために転職を考えるタイミングをうかがっている人は大勢います。またそれとは対照的に、お金や地位のためではなく、自分が行いたかった仕事に転職するのは今しかないという理由で、現在の職場を離れる人もいます。

 

ではこの二つのタイプの人たちが転職を成功させるために必要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

ステップアップが目標の場合

ステップアップのために新たな職場探しに励む予定でいる人は、自分が今まで培ってきた経験やスキルを活かせる職場をチョイスするべきです。全くの畑違いの職場をチョイスするなら、全ては一からやり直しです。

 

もちろんこれまでの経験が畑違いの新たな職場で活かされることもありますが、即戦力として自分の評価を上げるためには、これまでと同じような職種をチョイスしなければなりません。

 

ヘッドハンティングという形で職場を代わる人の多くは、これまでよりも高い給料の支払いや新たなプロジェクトへの参加など、様々な好条件が提示されるのが一般的です。しかし新たな職探しのために面接を受けるようなケースでは、自分を上手にアピールすることが求められます。

 

この場合、自分でこれまでの業績について長々と語ることは避けるようにします。業績に関しては履歴書に記し、面接官から尋ねられた場合にのみ、語るようにします。そうすることで自分をアピールしつつも、個性を押し付けるような人物ではないことを示せます。

 

夢に向かってスタート

30代で転職する人の中には、これまで自分が行いたかった仕事に就くために現在の職場を離れるという決断を下す人がいます。先にも考慮しましたが、この年代の人は活力があり、さらには柔軟性も有しています。

 

そのためたとえ畑違いであろうと、自分がこれまで行いたかった仕事を無難にこなすことができます。このような形でのスタートは給料面でのダウンが見られるのが一般的です。しかしこれまで行いたかった仕事を楽しんで行えるというのは、素晴らしいことです。

 

また30代という年齢はまだ若いために、この先給料のアップやスキルの向上が見込まれます。この年代の人の中には独身者も大勢います。また既婚であっても子どもがいなかったり、たとえいたとしてもまだ小さいというのが一般的です。

 

そのため家族に対する責任はそれほどヘビーではなく、新たな仕事に打ち込めるというのも、この年代の新たな挑戦者が多い理由の一つとなっています。もちろん考慮すべき点は多々ありますが、若いうちに懸命な決定を下すことで将来の展望が大きく開けるのです。