30代での転職理由を正直に考えたときに見えてくるもの

MENU

30代での転職理由を正直に考えたときに見えてくるもの

30代転職を考えている人は少なくありません。そのような人は必ず次のことを自問するべきです。それは「自分が今の職場を去る、本当の理由は何なのか?」というものです。表向きはステップアップのためとか、自分が会社になかなか評価されないといった理由で、新たな職場探しを決意したと周りに漏らすかもしれません。しかしそれは本心でしょうか?

 

転職を考える30代の人の中には、会社の将来が不安であったり、同僚と上手くいかなかったゆえに、新たな職場を探すことを決意する人がいます。30代の人がこのような理由で転職することは、決して恥ずかしいことではありません。

 

しかしこうした理由での新たな職探しは、慎重に行うべきです。それでも自分にマッチした職場を見つけることができれば、ストレスを軽減することもできるために、長期的な目で見るなら賢い選択であるといえます。では将来性のある会社に就職するためのポイントと、雰囲気のよい会社に就職するためのいくつかのポイントを見てみることにしましょう。

 

エージェントの助けを借りる

求人サイトなどを見ると、たくさんの仕事が紹介されています。その中には30代の人材が求められているところもあるために、こうした情報を見るとワクワクするかもしれません。しかし企業の情報を広告や求人サイトで見ただけでは、それがどのような企業であるのかがはっきりわかりません。ここで助けとなるのがエージェントです。
新たな職場探しを職としているエージェントは、クライアントである転職希望者の要望に沿った企業を見つけることに励んでくれます。またエージェントに支払う報酬は、新たな職場での給料の何%という形で支払われますので、企業との給料交渉も熱心に行ってくれます。

 

自分で求人サイトを見て新たな職場を探すよりもお金はかかりますが、自分が勤めようとしている企業の詳細を調べ、それを伝えてくれますので、その企業の将来性などについても知ることができます。

 

職場環境

前職場環境に悩まされて新たな職探しに励む場合、職種のみに注意を向けていては同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。

 

ここで重要なのは会社見学会を利用することです。実際にどのような人が働いており、社員同士の関係はどのようなものであるかを自分の目で確かめるのです。そのようにすることで、職場の雰囲気を知ることができます。

 

30代の人の場合、会社は即戦力となれる人材としてみなすことがあります。そのためいきなり多くの人と接する状況に身を置くことになるかもしれません。そのような状況下で親切に接してくれる人がいるかといった点をチェックすることは重要です。

 

もちろん少し見ただけでは状況を完全に把握することはできませんが、観察した事柄や感じ取った雰囲気を中心に職場環境を考慮するようにいします。

 

なるべくなら前職と同じような職種をチョイス

ステップアップのために自分を売り込むような転職でない限り、新たな職場で給料が大幅にアップすることは期待しないほうが無難です。しかし前職と同じような職種の職場で働くことになった場合、給料が大幅に下がるようなことは滅多にありません。

 

そのため会社の将来性や職場環境を考慮して新たな職場を探すことになったとしても、なるべくなら前職と同じような職種で探すように心がけるべきです。