30代の転職のメリットとコツ

MENU

30代の転職のメリットとコツ

30代になってから転職してみたいと考える人も多いのではないでしょうか。自分の思っている会社ではなかった、やりたいことが別に出来た。そういった方は是非転職することをお勧めします。

 

では、何故30代になってまで転職することにメリットがあるのでしょうか。今回はそれについて説明していきます。

 

会社とのズレの解消

自分の働く前に思っていた仕事が出来ず、今に至ってしまった為、転職したいと考えている。しかし、30代だから別の職種にはつきにくい。こういった人の悩みの種である会社と自分との価値観の違いによるズレを解消出来る点が1番のメリットです。

 

自分の希望と会社の希望のズレが広がってしまうとお互いにストレスを抱えてしまい、モチベーションも保てず作業的な仕事しか行えない為、自分の望みが叶う職種に転職することが長期的に考えてメリットになります。

 

やりたいことをやる

単純だと思われるかもしれませんが、やりたいことが見つかり、現状の仕事に満足していない場合は転職すべきです。やりたいことは=自発的に行えることなので仕事上においても、苦になることがあまり無く充実しながら働くことが可能です。その為にもやりたいことが出来ていないと感じている人は転職をお勧めします。

 

30代からでは遅くないのか?

30代からの転職だと、中々に転職が出来ないと思われがちですがそのようなことはありません。何故なら、前に働いていた仕事を活かすことで幅広い業界や職種を選択することが出来るからです。

 

仮に営業を新卒から30代まで常に行っていたとしてもゲームディレクターになることが可能です。営業で培った顧客を集める方法や統率力をきちんと述べ、筋の通った動機さえ伝えることが出来たならば働けます。

 

30代からの転職が難しい業界は?

30代からの転職は前職を活かすことで幅広い業界から選択を出来ると説明しましたが1つだけ厳しい業界があります。それは、IT業界です。IT業界は35歳までに技術力をつけなければ厳しいと基本的には言われています。

 

それは何故かというとプログラミングの膨大な知識を得る為には吸収力の早い20代がベストだからです。そして、30代というのはプログラマーからシステムエンジニアにキャリアアップが行われる時期ということもあり、30代からプログラマーを始めると40代にならなければシステム設計が出来ない為、なら20代を雇用しようという流れになるわけです。

 

30代からの転職で必要なこととは?

30代からの転職というものは、基本的には中途採用となります。中途採用はキャリア重視なところが大多数である為、自分の働いていた会社と関連づけて何をしてきたかを説得力を持って伝え、何が出来るかを明確にする必要があります。

 

その為、全く異なる職種だとしても何かしら結びつけることが大切です。そして、志望する仕事にもよりますが自分のオフの日に転職に向けたスキルを身につけることも大事でしょう。

 

独学で勉強していたことを語れるか語れないかは大きいです。ですので、前職と志望職種の結びつけ、そして自主的なスキルアップに向けた学習が最も大事です。