30代で転職する際に覚えておきたいこととは?

MENU

30代で転職する際に覚えておきたいこととは?

転職するタイミングとしては様々な年代がありますが、30代は最も悩みどころな年齢です。働き盛りですし、それまで働いている会社があるとすれば、年齢に応じた地位についています。

 

しかし、職場によっては地位に不満を持つことも多いですし、労働条件が上がらない不満が出て来ることも多々あります。そのようなときは、30代からでも転職を検討しなければなりません。

 

しかし、30代になると家庭を持っていることも多く、転職に二の足を踏んでしまうことも少なくありません。30代から転職を行うときは、リスクなども踏まえて行うようにしましょう。

 

30代の転職で未経験職種は大丈夫?

転職になると、大まかに考えると二通りの考え方があります。以前から働いている同業種の企業に就職するか、全く未経験の業種に就職するかです。同業種の場合は、経験を生かして即戦力として働くことができます。

 

しかし、未経験の場合はある程度知識を教えてもらうことになりますので、即戦力で働くという訳にはいきません。正直なところ、30代から未経験の仕事に就くとなると、大なり小なり困難が待ち受けています。

 

20代ならいざ知らず、30代にもなると雇用する企業側からしても、多少なりとも即戦力を期待します。また、未経験となると優先的には若い人を採用する傾向にあります。

 

したがって、30代から未経験業種に転職を健闘しているときは、少しの苦労はすることを踏まえておきましょう。ただし、仕事に対して重要なのは個人のモチベーションです。以前から働きたいと思っていた業種なら、仮に未経験だったとしてもしっかりと働くことができます。

 

入社してからのことについて

30代になると、中途採用の場合は入社する企業に年下が多くなるとも多々あります。そうなると、多少引け目を感じてしまいコミュニケーションが取りづらくなってしまうこともあります。30代で転職を行うときは、事前に年下から仕事を教わることも十分にあることを踏まえておきましょう。

 

このときに、変なプライドを持ってしまうと良いことはありません。年下から教えてもらうとしても、仕事上は先輩であることは変わりません。謙虚な気持ちで臨むことができるかどうかが、30代の転職には非常に重要な要素になります。

 

年収をアップする方法は?

30代になって転職を検討するとなると、現在働いている条件に不満を持っていることも多いのではないでしょうか。転職をするメリットは、労働条件をアップすることができることにあります。年収を少しでもアップするためには、同業種に転職することが重要です。

 

もしくは、求人広告をしっかりと見て、現在よりも給料が高いところに応募する必要があります。転職してから、年収が下がってしまうことほど無駄なことはありません。

 

解雇されてしまったなど特別な事情がある以外においては、自主的に転職を行う際には、現在の年収からいくらほどアップするのかを主眼に置くと良いでしょう。