30代転職を成功させる為に知っておきたい事

MENU

30代転職を成功させる為に知っておきたい事

30代転職は人生のターニングポイントとして重要でもあり、20代とは求められる人物像は違ってくるものです。20代はまだ社会に染まり切っていなくて、企業側も第二新卒や職場を移る事に関して受け入れ体制もあり、未経験業種への挑戦も行ないやすいです。

 

30歳以降は特に未経験業種へ移りたい時には年代としてはラストチャンスとも言える時期でもあり、30代は前半と後半でも全く違いがあると言えます。

 

希望の職場を見つけて成功させる為のポイントや企業側が求める傾向を知る事が重要であり、何も知らないままに活動しても疲弊してしまいますから、まずは何を求められている年代であるかを知る事が望ましいです。

 

 

30歳以降は前半と後半で市場価値が違う

求人広告をチェックしてみても、30歳から半ば辺りまでは充実している傾向にありますが、35歳を過ぎた辺りから求人件数が明らかに激減してしまいます。

 

労働市場では一般的には35歳までが職を移る為の適齢期とされており、36歳を過ぎれば異業種転職は非常に難しく、同業種の場合でもマネジメント経験や実績を伴う即戦力の技術スペシャリストを求められるものです。

 

ですから企業が求めるスキルがあるならば、年齢問わずに好待遇で職業を移る事が出来ますが、そういう方は転職サイトや求人広告経由ではなく、引き抜き等の別ルートからの話が来るパターンが多いと言えます。

 

30前半の場合は即戦力のスキルを備えていないならば、職場を移らない方が良い可能性が高いですし、30後半はマネジメント能力で会社の中核を担う人材が求めらるものです。

 

 

キャリアアップや年収について

20代の場合はまだ未知数なポテンシャル、やる気という部分で採用される例もありますが、30代にもなれば客観視出来るアピールポイントが無いと厳しくなります。

 

面接でも実績面でアピール可能なポイントが無ければ採用に至る事は無いですし、当然ながら年収アップを望んだとしても敵わない可能が高いです。

 

労働市場における自身の価値を客観視出来ない30代は必要とされない現実がありますから、身の丈に合う所を探せば見つかる可能性がありますが、いずれにしても全く未経験の職種に飛び込んでいくのはリスクがあるのが30代です。

 

どうしてもやりたい仕事があり、年収が激減しても良いとか新人扱いでもかまわないという覚悟が必要になる事もあります。

 

転職エージェント等を活用すれば、プロが労働市場においての価値を見極めてくれますから、キャリアアップや年収が高まる可能性のある職場選択のアドバイスを得られますから、そういった所を通じて探す事は有効です。

 

30歳以降で職場を移って、企業側が求める事と本人のやりたい事のミスマッチが起これば大変ですから、ミスマッチを防ぐ意味でもエージェント活用は有効と言えます。

 

現在の職場に在籍していれば800万円の人材としても、再就職先でその年収が維持されるわけではなく、あくまで転職市場においての市場価値で判断される可能性が高いです。

 

大手企業勤務の高収入の方が特に注意が必要であり、適正な市場価値をチェックしておかないと、大手の看板ありきで仕事が円滑に進んでいたり、過大評価による給料を受け取っている事は多々ありますから、事前に適正価値を知る事は重要と言えます。