これで完璧!30代の転職を成功させるための3つのポイント

MENU

これで完璧!30代の転職を成功させるための3つのポイント

まさに脂が乗った働き盛りでもある30代の働き方は新卒や第2新卒のような社会に始めて出た方や、40代のような仕事に対する慣れがある世代とは異なります。
30代での転職は年齢的にも若く心身共に力を発揮できる世代となりますので、転職の考え方次第で将来の自分を大きく左右する事ができるのです。30代だからこそ転職に有利で成功させるためには何がポイントとなるのか見ていきましょう。

 

企業が求めているのは即戦力としての人材

30代での転職を志す全ての方が以前に勤務していた職歴がありますが、この過去の職歴で費やした時間や経験、人との接し方は決して無駄な事ではありません。

 

実際の現場に出て決められたシフトで与えられた仕事をこなし作業の対価として給与を受け取る達成感や時には辛い経験も無駄にはなりません。

 

仕事には分野、職種がありますが同じ職種へ転職を希望する30代の場合では実務経験という大きなアピールポイントが存在し、即戦力としても企業から期待されるのです。

 

例えば企業としても同じ時間内に50個納品できる人と100個納品できる人とでは当然効率化を上げるための作業能力として100個できる人を優先して選考する事となり、これこそが効率よく正確な仕事ができる実務経験の差となるのです。

 

資格や免許はエキスパートとやる気の証明

転職を志すにあたり勤務しながら転職活動をされる方もいますが、さらなる高みを目指しプロフェッショナルとして求められる知識やスキルを武器に30代の転職を大きく前進させるのが資格や免許を取得する事にあります。

 

職種や分野ごとに多くの資格があり国家資格、民間資格と難易度や取得できるまでの期間に違いはありますが、企業の担当者はただ取得している資格だけを重要視するのではなくその資格をどう活かし作業の効率化を計れるかに重点を置いているのです。

 

また一部の国家資格では受験資格として数年以上該当する職種に従事する事が条件となっていますので、転職した後でも資格を取得したい意思をアピールできればやる気や向上心、意欲を証明する事になるのです。

 

一方、30代の転職ではこの機会に異業種への転職を目指して資格を取得し成功を収め活躍している30代の方も多くいます。希望する分野や職種の資格を取得してから面接に挑む事で、未経験者でも新たな職種で活躍する事もできるのです。

 

社会人必須のマナー携帯や人間関係を上手く構築できる強みを活かそう

30代は社会人としてこれまでに多くの人と接してきており基本的な挨拶や身だしなみなどのマナーは既に携帯している世代となります。

 

多くの人と接してきたからこそ可能になるコミュニケーション能力はどこの企業にも存在し人間関係を円滑に付き合う事ができる事もアピールできるポイントとなります。

 

また30代は予期せぬトラブルに対処できる応用力や自分がやるべき仕事の重要性を熟知している世代となりますので、仕事に対しての仕事観や責任感を転職に活かす事もできるのです。