30代の転職活動は短期間で終わらせる

MENU

30代の転職活動は短期間で終わらせる

どれくらい転職に時間をかけるのか、30代は考えていかないと駄目です。延々と続けるわけにも行きませんし、ある程度の時間でスパッと仕事を決めてしまわないと、本当に辛い状況が生まれます。どれくらいの時間までに終わらせることが望ましいのか、これをしっかり考えて時期設定をしてください。

 

早めに終わらせたほうが得に

結構長く考えたいところですが、本格的に転職活動をすることになるのは、大体3ヶ月位と考えてください。これよりも短くしてしまうのはかなり厳しい状況を生むことが多くなり、場合によっては仕事が見つからないこともあります。

 

30代で仕事探しを半年以上を行っていることは、むしろイメージを悪くする可能性もありますから、早めに決めてしまったほうが成功することもあります。

 

準備をしている人としていない人、かなり違いが出てくることを考えてください。準備をしている人はスムーズに進むようになり、逆にしていない人は全くと行っていいほど進まなくて、時間だけ進んでしまいます。

 

年齢的なことを考えても、やはり早めに終わらせたほうが結論としていいので、3ヶ月を目安に準備をすすめることと、少しでも早く終わらせるようにコツコツを進めていくことも大切です。

 

応募する会社も制限して決着を

短期間で終わらせる方法の1つが、応募する会社に制限を加えて、あまり多く応募しないことです。沢山応募することは、採用されなかった時に行う手法として使い、結果的に採用されるところが見つかり、転職ができるならあまり行わないほうがいいです。

 

30代は、これまでにどれくらいの会社に応募しましたかと聞かれることがありますので、この質問によって相手側も変わってしまい、採用されないこともあります。

 

最初のうちはあまり多くの会社に応募しないように、絞って考えてください。それでも転職できずに苦労しているなら、やむを得ずに応募する会社数を増やして、面接ができるところから狙っていくことになります。

 

出来れば30代という年齢を考えて、仕事をしやすいような求人を考えつつ、最初のうちは1つの会社に絞りつつ、次に応募を狙う求人をストックしながら進めることが望ましいです。

 

内定が複数出た場合はどうするか

本来は1社に応募して内定をもらい、最終的に転職を決めることになりますが、沢山応募していると2つ以上の会社から内定が出てくることもあります。30代の場合は、その中から1つに絞ることになりますが、会社の規模などを考えるより、現状自分が仕事をしやすいと感じられるところが望ましいです。

 

特に未経験の仕事へ応募した方には注意が必要で、未経験だからこそ駄目なポイントも結構あります。長時間の仕事をすることが前提になっている場合や、覚えることが多すぎるところよりも、経験を活かしながら仕事が出来る方がついていけるようになります。

 

もし2つ以上貰ってしまったら、数日で結論付けるためにも企業の情報を調べてください。