30代で転職活動をすることの重要性

MENU

30代で転職活動をすることの重要性

あなたは今の仕事で満足していますか?「初めて入社した会社だから、なんとなくずっと仕事をしている」「他の仕事をやっていたいけれど、30代で転職出来るとは思えない」と考えていませんか?

 

仕事は人生の生きがいであり、喜びでもあります。もちろん楽しいことばかりではありませんが、自分に合った仕事をすることでよりあなたの人生は豊かになります。経済的にも安定出来れば万々歳ですよね。

 

そこで、30代転職活動をすることの重要性についてお伝えしたいと思います。

 

30代で転職活動をすることの重要性・即戦力になれる。

転職をするためには、競争を勝ち抜かなければなりません。ライバルである新卒者、第二新卒者、あなたと同じ30代で転職をする人もいるでしょう。こうした人達の中から企業に選ばれる人材にならなければなりません。

 

30代は日本では転職する際不利に思われがちですが、30代で転職活動をすることは重要なのです。なぜなら、企業は一からビジネスルールを教え込む教育よりも、直ぐに仕事をすることが出来る即戦力を求めているからです。

 

30代と言えば、新卒で入社してから約10年以上のキャリアがあります。ビジネスルールを教える必要はありませんし、コミュニケーション能力も20代よりずっと高いです。

 

30代は企業が欲しがっている年代の転職者です。30代だからと言って卑屈になつ必要はありません。

 

30代で転職活動をすることの重要性・30年後の自分を想像してみる。

あなたは今30代です。しかし、30代も20代と同じようにあっという間に過ぎ去っていきます。光陰矢の如しと言いますよね。30代の内に仕事もキャリアアップを重ねていくことで、あなたの能力は更に活かされることでしょう。

 

もし40代や50代になってから転職を考えると、若い世代のライバル達がたくさんいます。転職をすれば今よりも給与が上がる可能性もありますが、もしこれまで務めた業種と異なる場合は、転職後に給与が下がる可能性があります。

 

30代の内に転職をしてキャリアアップしていくことで、給与も能力も上昇していきます。30年後の定年退職を想像してみれば、30代の内に転職することがいかに重要かわかると思います。

 

30代で転職活動をすることの重要性・家族からの協力を得やすい。

30代で転職するとなると、もうあなたは結婚されているかもしれませんね。転職活動は本当に自分の希望する企業に転職出来るかわかりません。そんな不安もあり、奥さんは反対するかもしれません。

 

しかし、まだ子供がいない場合や子供が幼い場合は、まだ教育費がかかりません。これならば奥さんから転職活動をする理解を得やすいでしょう。もしくは一生懸命応援してくれる場合があります。

 

30代で転職をするためには、家族の手助けも必要になります。守るべき存在のある30代は、特に転職への熱が上がるときです。今の内に転職をして、家族を守っていきましょう。