なぜ30代の転職はキャリアアップにつながるのか?その理由を解説

MENU

なぜ30代の転職はキャリアアップにつながるのか?その理由を解説

よく30代での転職はキャリアアップにつながるといわれますが、これは事実です。実際にこの年代の人が職場を代え、成功している例は多々あります。

 

もちろんこの年齢に達したからといって闇雲に転職しても、それはスキルアップなるどころか給料ダウンにつながりかねません。この年代での新たな職場へのチャレンジは、綿密な計画のもと行われなければなりません。

 

ではなぜ30代という年代でのチャレンジはキャリアアップをもたらすのか、そしてこの年代でのキャリアアップを考えたとき、どのような点に注意して新たな職場をチョイスすべきなのか、これらの点について見ていくことにしましょう。

 

なぜこの年代がチャンスなのか

20代の若者には順応性という大きな武器が備わっています。そのため職場環境に慣れるまでには時間がかからず、さらには仕事の覚えも非常にスムーズです。では30代の場合はどうでしょうか?

 

この年代の人は社会に出て、様々な経験を積んでいます。そのためビジネスマナーやプレゼンのノウハウなどを身に着けています。また中にはすでに上に立って働くポジションについている人もおり、そのような人はチームとして社員をまとめるスキルを有しています。

 

また営業職に就いている人は、顧客との接し方や交渉力といったスキルを有していることになります。

 

このような経験やスキルは即戦力として働くためには欠かすことのできないものです。そのため企業が必要としている即戦力となれる人は、キャリアアップを経験することになるのです。

 

キャリアアップを目指す場合の注意点

上記でも取り上げたように、キャリアアップを目ざすためには即戦力となれることを前提にして物事を進めていくべきです。この点で一番の近道は、前職場で行っていたのと同じような職種の仕事を見つけるように心がけることです。

 

もちろん得ている経験やスキルが、畑違いの職場で活かされることはあります。それでもその可能性を転職前に知ることは非常に困難です。そのため畑違いの職種にチャレンジし、キャリアアップを目ざすことを考慮する場合は、事前に転職を考えている企業の情報を、詳細に至るまで調べることが必須となります。

 

前職と同じ職種への転職で、キャリアアップに成功したという人の職種は、建築・土木関係、機械や電気関連の技術系、ITや通信関連の技術系、そして建設や不動産関連の仕事です。どの職種もスキルに加えて経験がものをいう仕事ですので、30代の人たちが重宝されることが理解できます。

 

冒頭でも述べたように、ある一定の年齢に達すれば必ずキャリアアップにつながるというわけではありません。自分が得ているスキルや経験を活かせる職場を見つけ、そこで働くようにすることがキャリアアップの近道なのです。

 

しかし即戦力となれるスキルや経験を有しており、尚且つまだまだアクティブに活動できる年代は30代です。こうしたメリットを活かし、尚且つ綿密な計画のもと、キャリアアップを目指した新たな職場探しに励むことができます。