30代で転職する際のメリット・デメリット

MENU

30代で転職する際のメリット・デメリット

30代での転職の場合、20代でもなく40代でもないという点で、その両者から比較し、メリット・デメリットが多く存在します。その為、そのメリット・デメリットを十分に把握し、それを自分自身の転職活動に活かす事で、成功への第一歩につなげる事が可能です。

 

メリット1 即戦力になれる

30代と言う事は、今の仕事にも慣れ、十分とは言えないものの、それなりのスキルを持つ事ができていると言えます。その事を採用者は大きなメリットと考え、即戦力として採用する傾向があります。

 

その点から考え、転職活動を行う際は、今までのスキルを転職先でどのように活かす事ができるかをアピールする事が大切です。そうする事で、即戦力になると認められる事ができれば、採用される可能性が高くなってきます。

 

メリット2 スキルだけではなく人脈も重要に

即戦力になるという事は何も、スキルだけではありません。今の職場で作った人脈も即戦力として重要なポイントになってきます。業種によっては、人脈も大きな財産と言え、その人脈を加え、採用のポイントになる事も少なくありません。

 

メリット3 ビジネスマナーができている点

30代とのなれば、10年以上社会人として働いている人も多い事から、十分なビジネスマナーが付いていると考えられます。その為、転職先でも一からビジネスマナーを教える必要がなく、仕事に集中させる事ができる点でも、30代での転職は有利だと言えるのです。

 

デメリット1 職場によって、ビジネスマナーが違う場合も

基本的なビジネスマナーは同じものの、やはり、細かな習慣と言うものは企業によって違ってくるのが当たり前です。そんな細かなビジネスマナーにおいて、30代の場合、長年、行ってきた習慣と言う事もあり、新しい職場に合わせていく事が困難な場合も考えられます。

 

その結果、仕事に支障を及ぼす事も懸念されるため、そんな、企業特有のビジネスマナーがまだ染みついていない20代の方を選ぶ企業も少なくありません。

 

デメリット2 未経験の業種への転職は難しい

20代の場合、同業種と同じぐらい異業種への転職が可能になっています。これは、20代のような若い人の場合、経験を重視する採用方法ではない為です。一方、30代の場合は、今までの経験、スキルを重視する傾向がある事から、異業種への転職は、難しくなっています。

 

その為、少しでも好条件で転職を行いたい場合は、同業種に絞った活動が必要になってきます。

 

まとめ

以上のように30代で転職するには、いくつかのメリット・デメリットがあり、それらを十分に理解しておく事が必要です。とは言っても、これらは、一般的な人のメリット・デメリットです。

 

個人によっては、デメリットなど気にせず、活動する事で、転職を成功させる事も可能かもしれません。その為、あくまでも、参考にし、その上、本当に自分が行いたい転職活動を進めていく事が大切になります。