30代で転職を成功させる為のポイントとは

MENU

30代で転職を成功させる為のポイントとは

30代はまだまだ体力的にも気力的にもバリバリと仕事ができる年齢ですので、意欲的に転職をしたいと考えます。しかし企業にとっては30代は中途採用をするのにギリギリの年代であり、決してよりどりみどりではないのです。

 

30代で転職をする人が、より若い年齢の人より有利になる為にはどの様なことに注意をしたら良いのでしょうか。

 

同じ業種・職種を選ぶこと

30代で転職を考える場合、余程苦労をする覚悟や勉強をする意欲がない限りは、今の仕事と同じ業種・職種を選びます。企業が中途採用を行うのは即戦力を求めているからであり、一から業界用語や流れを説明しなければならないのなら、新卒を採用するはずです。

 

やる気だけではなく自分の能力を具体的にアピールすれば、他の応募者よりも有利になります。

 

また、違う業種に転職をする場合には、今の仕事と同じ職種を選びます。例えば同じSEでも業種が変わればシステム開発をする為にはその業界のシステムを一から覚えなければなりません。

 

しかしシステム管理やメンテナンスの仕事ならば、既存のシステムを見て学べることが多いのです。また、物流関係の部門ならばどの企業でも倉庫や輸出入の流れは同じですので応用が効きます。もちろん経理や人事などの管理部門は業種を問わず転職が可能な職種です。

 

一時的に収入ダウンしても将来性を見ること

30代ともなると、今の会社である程度の収入は保証されています。しかし中途採用をする企業では予算があるので、今貰えている給与と同じだけ出して貰える可能性はありません。

 

特に募集年齢の範囲が20代〜30代となっている場合、一番年齢の若い20代を基準に予算を考えていると言ってよいのです。30代で転職をしても面接で非常に低い給与を提示されることが多いのです。

 

会社としても使えるか分からない人材に対して最初から世間の相場給を支払う程の余裕はありません。

 

面接の際には昇給率や能力給についてしっかりと聞いておき、一時的に収入ダウンになっても、3年後、5年後に昇給して世間相場に追いつけるか確認しておきましょう。

 

転職サイトよりは人材紹介会社の方が有利

最近ではインターネットの転職サイトを利用して求人を探す人が増えています。自分の希望条件を指定すれば自動的に検索してくれたり、メルマガでお得な求人を紹介してくれるので確かに便利です。

 

しかしネット上で公募している以上、それだけ多くの応募者がいると考えて良いでしょう。そして企業の多くが「30歳位迄」としている場合でも、28歳以上は余程目立つスキルでもない限りは書類選考は通らないことが多いのです。

 

30代前半で転職をしたいと思ったら、不特定多数を対象にしている転職サイトよりも、人材紹介会社の方が有利です。人材紹介会社はその年齢で応募できる企業を紹介してきますので、無駄な時間や労力を省くことができます。

 

人材紹介会社は登録するまでに職務経歴書を作成したり面談を行う必要がありますが、求人に応募をする上ではどちらも必須ですので、面倒くさがらずに受けておきましょう。アドバイザーにより意外な自分の強みを見つけて貰える可能性もあるのです。