30代の転職理由ランキング

MENU

30代の転職理由ランキング

転職を考える理由は様々です。配偶者がおらず、まだまだ自由の身である20代の若者であれば自分の夢を追って新たな仕事にチャレンジすることがあります。

 

その一方でお世話が必要な家族を持つ人たちは安定性や家族と過ごす時間を考慮し、仕事を変える決意を表明することがあります。ここで企業の中でも貴重な人材として重宝されている30代の人たちが転職を考える理由について少し見ていくことにしましょう。

 

30代の転職理由ランキング1位

まず1位が「会社の将来が不透明」というものです。先にも述べたように、30代になると徐々に安定性を求めるようになります。家族を持つことや親の世話など、仕事以外にも様々な責任を担うようになる年代ですので、安定して収入を得られる企業に勤めることがメインポイントとなります。

 

30代の転職理由ランキング2位

そして2位が「やりたいことがある」というものです。独身であれば十分自分の夢に向かって突っ走ることができる年齢ですし、ある程度の経験を積んでいるために20代の頃よりも物事がスムーズに進むことも多々あります。

 

また中には今勤めている企業での経験をステップにしようとあらかじめ決めている人もおり、このような人にとっては予定通りの転職といえます。

 

30代の転職理由ランキング3位

そして3位は「給料のよい企業で働きたい」というものです。30代の社員は経験があり、頭の回転も速く、尚且つ体力もあります。そのため多くの人はこの年代での給料アップを期待するわけです。

 

また多くの場合、重要なポストが与えられるのもこの年代とあって、ここでの評価がこの先の自分の将来を左右すると考える人もいます。このような中で思ったように給料がアップしなかった場合、自分が思うように評価されていない現状や将来の見込みを考慮して新たな職場をチョイスする人がいます。

 

30代の転職理由ランキング4位

そして4位は「専門的な知識やスキルを習得するため」です。このような理由が4位にくることは意外かも知れません。しかし「会社の将来が不透明」という理由が1位にくることからもわかるように、安定した企業に勤めることがいかに難しいことかを多くの人が理解しています。

 

そのためいつ、どんなことがあっても就職できるよう、専門的な知識やスキルを習得したいと考えている人が非常に多いのです。30代であれば知識やスキルの習得はそれほど難しいことではありません。そのためまだ頭が柔軟でやる気のあるときに行動を起こそうと決意する人が多くいます。

 

30代の転職理由ランキング5位

そして5位は「残業が多く、与えられる休日の日数に満足していない」というものです。これまで何度も考えてきたように、30代の社員は重宝される存在です。そのため企業もこのような社員に頼ってしまう傾向にあります。結果として残業が多くなり、休日も減っていきます。

 

しかしこの年代の人たちは結婚して家族を持つようになります。そのため家族と共に過ごす時間を確保したいと考え、転職を決意することがあるのです。

 

 

このように転職することには様々な理由があるわけですが、置かれている状況や見つめる将来像によってそれらが左右されていることが理解できます。