30代の転職を成功させるために考えておくべきポイント

MENU

30代の転職を成功させるために考えておくべきポイント

働く30代。男性女性問わず、一度は転職のことが頭によぎるのではないでしょうか。

 

30代といえば、入社10年目を過ぎた頃。
「本当にこの会社に残っていいのだろうか」という不安、「どこか他の会社のほうが自分の活躍の場があるのではないか」という期待、色んな感情を持つかもしれません。

 

一方で、転職にはリスクが伴います。また多大なエネルギーを必要とします。ここでは30代の転職を成功させるために考えておくべきポイントについてまとめます。

 

 

本当に転職がベストか?

いきなりこういってはなんですが、本当に転職がベストなのでしょうか?

 

自問自答するのもいいですが、自分の頭で考えるだけではどうしても主観的な判断に陥りがちなので、周囲の客観的な意見に耳を傾けてみることも大切です。

 

具体的には、身近にいる転職経験者のリアルな体験談などを参考にするとよいでしょう。

 

その上で転職した際の「メリットとデメリット」を紙に書きだすなどして、比較検討します。

 

また、家庭をもつ人にとっては、転職というのは個人を超えたライフイベントになりえます。パートナーや家族ともよく相談の上、決断しましょう。

 

それらのことを実施しても、まだ解決できない悩みがあったり、決断が出来ないような場合は、キャリアコンサルタントに率直に聞いてみるのもいい方法ですよ。

 

キャリアコンサルタントというのは、クライアントの転職支援を援助するだけではなく、自らも転職経験者であるケースが多く、実はそういった悩みに共鳴してくれる人も多いんです。場合によっては率直に「転職はおすすめしません」といわれることもあります。

 

 

30代の転職にふさわしいアピールをする

どの業界、業種であれ、30代というと、それまで働いてきた上での一定の経験や成果が求められます。

 

例えば同じ職種で同業他社に転職する、といった場合は、前の会社で具体的などのような成果を残し、それを新しく入社しようとする会社でどのように成果として出せるのか。

 

キャリア採用においては、会社は「即戦力」を求めています。それを証明できる前向きなアピールが必要です。

 

なお、「やる気だけは誰にも負けません」といったような、精神論は二の次です。もちろん未経験の業界、業種であれば、実務経験をアピールできないかわりに「やる気」をアピールする以外にないということもあるかもしれませんが、その場合でも前の職場での具体的な実績をベースにしてアピールしたほうがよいでしょう。

 

 

業界、業種、転職しようとしている会社の情報は正しくリサーチしているか?

面接時に「なぜ同業他社ではなくてわが社なのですか?」という質問は、新卒時だけでなく、既卒の転職面接の際にも聞かれる内容です。

 

さて、この質問に応えるには、その会社のことを事前に詳しく知っておく必要があります。

 

しかし、新卒時のように、企業側から大々的な就職説明会を開いてくれることもなければ、OBやOGといった「リクルーター」がわざわざ後押しをしてくれたり、なんていうことはないのです。

 

では、どうやってその会社の情報を知ればいいのでしょうか。

 

「その会社のホームページを見る」

 

これだけでは話になりません。

 

30代のビジネスパーソンであれば、その会社の業績や株価、主力商品等について事前に学んでおくことも、学ぶ方法ですらも自分でみつけなければいけないし、
その会社の評判といったものも、口コミサイトなどからだけでなく、実際にその会社の勤めていた人でなくても、その会社の取引先の知人などの伝手を介して見聞きしておくくらいの意気込みがほしいところです。

 

厳しいようですが、そういったこともできないようであれば、限られた採用枠を勝ち取ることは難しいと言わざるをえません。

 

 

「今後の転職の予定はないですか?」と聞かれたとき、あなたはどう答えますか?

転職面接では必ず聞かれる質問の一つといってよいでしょう。

 

「うちの会社に入っても、また数年したらよその会社に移ってしまうんだろうな」と思われては最悪です。

 

比較的人材の入れ替わりが激しいIT系や、外資系メガバンク等であれば、「転社」をすることで、その市場価値を評価されるといったケースもありますが、そういった場合であっても、自分の核となるキャリアについて首尾一貫した姿勢と客観的な評価で裏づけられるだけの実績が必要です。

 

 

多くの日本企業の場合、まだまだ転職自体に否定的な見方をするケースも多く、特に昨今、大手製造業などでは優秀な技術者の「囲い込み」が行われているほどです。

 

ですから、転職での面接では、原則「御社で骨をうずめるつもりです」と断言しておいたほうがよいでしょう。