30代は年収アップで転職すべきなのか

MENU

30代は年収アップで転職すべきなのか

転職をすることによって、収入はアップする傾向があります。30代の場合、収入アップを狙って行う傾向が多いとされますが、実際に収入アップを狙うことが出来るのか、これは気になる情報だと思います。

 

実はアップしている人が多い中で、当然ダウンしている人もいます。アップを狙いたいのに、ダウンに転じてしまうのはなぜなのか、理解しておくと仕事探しを進めやすくなります。

 

年収で考えると採用されないことが出て来る

高い年収を持っているところは大企業ですから、当然応募しても採用されるかどうかはわからないですし、30代という年齢だと経験を持っていることが前提になります。未経験の仕事で高収入狙いというのはかなり厳しい状況になっていて、応募しても採用されないことが多くなります。

 

転職したいなら、経験があって高収入を貰うために考えるか、それとも今の仕事を変えるために行い、多少収入が下がってもいいから行うかの2択になります。

 

未経験で収入をアップすることが出来るのは、20代までの話になっています。経験を積めばいい結果が生まれるだろうと思われている年齢であり、そして実際に経験によって一人前になっている人も多いです。30代はそうしたところで劣っていると判断されてしまうので、未経験の仕事へ転職するとダウンする傾向にあります。

 

上昇を狙う時は仕事の状況を理解する

年収アップを前提に考えている場合は、現在の仕事の状況を理解し、本当に辛い仕事ばかりじゃないのか知っておかないと難しいです。

 

転職後に仕事が増えて、仕事時間が増えているから年収がアップしている場合は、あまり収入的には変わっていないことと同じです。むしろ体力的に厳しいことが多いので、いい転職をしているわけではありません。

 

30代で収入アップとなれば、それなりの待遇をもらう事になり、そして仕事の内容的にも責任のあるものを任せられることになります。最初は経験を積むために下の仕事をすることになりますが、経験を他の会社で持っていることによって、後から責任のある立場に変わることもあるのです。

 

年収を増やしたいと思っている場合でも、あまりにも無理な仕事をさせられるくらいなら、他の方法を考えたほうがいいのです。

 

ダウンでもいいから楽しく仕事ができるのはいい

年齢的には、最後のチャンスが生まれていると判断してもいいですが、30代の場合はダウンをある程度覚悟して、今の仕事が辛いなら楽しく仕事ができるものに、もっと収入がほしいなら少しだけ厳しい仕事を覚悟して同じ業界へというスタイルを取ると仕事は見つけやすくなります。

 

未経験の仕事になれば、当然のように一番下の立場になり、場合によっては年下の上司がいるような状態になってしまいます。それでも楽しく仕事ができるならいいことですし、多少年収が下がっても将来的に長期の仕事ができて取り返すことが出来ます。

 

一方で本当にお金のことを考えているなら、多少厳しいことは覚悟しないと、収入は増えてきません。